上を向いて歩こう

2016-10-31 06:48:21 | 日記
季節は行ったり来たりしながら確実に進んでます。

文化の日あたりがストーブ出し日ですから・・・北海道はもうサムサムでしょうね。


今年、大好きだった永六輔さんが亡くなりました。生まれは昭和一桁です。

うちの義母昭和2年・実家の父昭和5年生まれです。

彼にあったのは権力への抵抗が根底にずっと流れていました。

戦争の影響があったんでしょうね。


戦争は日常の小さな幸せの破壊です。


戦後・・・また、戦争の匂いがしてきた時に大きな反対運動が起きました。

安保闘争です。

そんな中、戦争反対の声を上げたデモの民衆に権力がのしかかってきました。

空しさも感じたそうですが・・・・

デモが終わって帰路にいる途中・泣きながら

負けてはいけないという思いが



「上を向いて歩こう」だそうですよ。

なるほど・・歌詞の意味がわかりました。



上を向いて歩こう

涙がこぼれないように

泣きながら歩く

一人ぼっちの夜

幸せは雲の上に

幸せは空の上に



永さんが言ってました。

私たち昭和一桁はもう長くない


戦争は嫌だ

戦争しちゃいけない

世界のすべの戦争に反対だ


と叫び続けることだと言っています。



昭和は遠くなったといいますが、

まだまだです。

永さんの声を引き継ぎ

戦争は絶対いやだという気持ちを持ち続けることが大切です。


心だけは負けてはいけません。

心は売ってはいけません。


昭和10年代20年代30年代も大きな声で叫びましょう。


「戦争はいやだ」


日常が一番だと大きな声で叫びましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柿ジャム | トップ | 日曜大工・DIY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事