教室不足

2017-05-06 05:50:24 | 日記
昨日は「こどもの日」でした。

こどもの人口はどんどん減っていますが、

なんと特別支援に在籍している児童生徒がずっと増えてきています。


出産の晩婚化・特別支援の理解・医療の高度化

そんな中で、障害が比較的重い子どもが通う「特別支援学校」で深刻な教室不足が続き

2016年10月現在、3430教室が足りないことが文部科学省の調べでわかった。

特別支援学校の在籍者が近年急増し、教室数が追いついていない。

同省は教育に支障が出るおそれがあるとして教育委員会に補助金の活用などによる

教室不足の解消を求めている。



特別支援学校小、中学部の1学級は6人が上限で、重複障害の場合は3人

幼稚部から高等部までの在籍者は15年に13万8千人で

10年で1・36倍になった。特に知的障害のある子が増え、全体の9割を占める。

比較的障害が軽い子が通う小中学校の特別支援学級の在籍者も15年に20万1千人で

10年で約2倍になった。



背景には、障害の診断が普及したことがある。

障害があると診断されると、支援が得やすい教育を望む保護者が増えたとみられ

「特別支援教育への理解が深まった」(文科省担当者)との見方がある。


一方、支援が必要な子に対応できていない小中学校の課題を指摘する声もある。

「障害児を普通学校へ・全国連絡会」(東京)によると

通常の学級を希望した知的障害児や発達障害児の保護者が

教育委員会や学校から「(通常学級では)いじめられるかもしれない」

「高学年になると勉強が難しくなる」

などとして特別支援教育を提案されるケースがあるという。


しっかりした予算付けが必要です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育無償化の費用 | トップ | 憲法授業・中立性の難しさ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。