イスラム国崩壊か

2017-07-01 05:01:42 | 日記
昨日バリから帰国してきました。よく眠れました

イスラム教の国からの帰国

過激派・原理主義・テロのイメージが強い

フセイン崩壊後のイメージが強いですね


イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカ(Raqa)の奪還作戦で

米主導の有志連合の支援を受けるクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」は29日

ラッカからの最後の退路を断ち、ISを完全包囲した。

これに対しIS戦闘員は複数の自爆攻撃を行うなどして反撃した。



在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると

SDFはISがラッカからの撤退する際に中継地点として使用してきたユーフラテス川(Euphrates River)南岸の2村を奪還した。

同監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は「SDFはラッカを完全に包囲することができた」と述べた。



イラク軍もIS支配の象徴となっていた北部モスル(Mosul)のヌーリ・モスク(Al-Nuri Mosque)を奪還したと発表

これを受け同国の

ハイダル・アバディ(Haider al-Abadi)首相は

イスラム過激派による「偽りの国家の終わり」を宣言した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公務員の定年延長 | トップ | 都議選 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。