HOTなおちゃタイム

保護猫5匹とわんこ3匹、楽しい日記をお読みくださいね。

形見猫 美緒(?)などと近況

2017-12-17 15:28:21 | みっちゃん日記

 

母の旅立ち以来、まだまだいろいろなことが山積していますが

信心信も無く、合理的な考えの持ち主の母のこと故

何時までも家族が喪に服すのも意に染まないだろうと思います。


少しづつ遺品などを片つけつつ

日常を有意義に楽しく暮らすのは

母の遺志に沿うこととおもいます


編み物が大好きで手編みから機械編みまで

編み物教師になるべく努力した人なので

手編みですらもざっと数えても何十枚もあります

器械編みも凝ったものがイッパイ

サイズが7号なので誰にでも着られるわけでもないし、

新品同様とりあえず作っただけのものなど見つけ出して

もらっていただける編み物学校をなさっている方に届けました

45リトルのゴミ袋3杯!

まだその数倍はあるだろうなあ


みっちゃんは母が編んだものがいっぱいありますから・・


男兄弟はみな捨てればよいとかいうのですからね

娘は私だけですので

そんな用事がイッパイです


さてさて身辺報告はそんなところです


ああもう一つ。

今となっては母の忘れ形見(大袈裟かな)

美緒ちゃん

 

母が旅立った頃から妙に甘えるようになりました。

 


 

私のベッドのお布団でくっついて来て

 

ゴロゴロのどを鳴らしています

 

まるで「新たなご主人様はあなたです」状態!

 

(単に寒いからかも)

 

そうだね。

 

母のところから強制連行したものね

 

丸2年近くマイペースで、のんびり待ったりでしたが・・

 

母が言い聞かせたのかな

 

なんて思ったりです。

 

まだまだイロウロ落ち着きませんが。

 

元気に寒さにも立ち向かいたいです。

 

今までの不義理失礼お許しくださいな

 

ボチボチご訪問させていただきます

 

いろいろ暖かい励ましありがとうございました。

 

そろそろみっちゃんは復活します

 

よろしく御願いします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の旅立ち

2017-12-04 22:39:43 | みっちゃん日記

 

今日の夕方母が旅立ちました。

10日ほど前に大たい骨骨折

それがきっかけで多臓器不全に陥って

まだ2日ほど前までは自分で食事を取っていたのですが・・

昨夜心臓が止まったと危篤状態の報が入り

かけつけた時はもう人工呼吸器でした。

心臓が弱ってくるともう・・という説明で

だんだん血圧も下がっていき

自発呼吸もほとんど無くなり、心臓も止まりました。

一番面倒を見てくれた弟が

「本人望んでいたように、まさしくぴんぴんころりだったな」という最後でした。


お年寄りの骨折はほんとに命取りとよく聞きますがそのとおりでした。

96歳大往生です

でも悲しみやショックは大きいです

いろいろお見舞い励ましの言葉ありがとうございました。

しばらくお休みします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱臭機を買いました。

2017-12-03 17:14:17 | みっちゃん日記

 

今日は小春日和という表現にぴったりのみっちゃん地方です。

外回りの大掃除にぴったり!

お庭があるお家の方や家庭菜園に励まれる方も

お忙しいことでしょう


こんな日にウオーキングしなくてはと

お買い物がてら本屋を覗いたりしました


歩いていると汗ばんできて汗をかく位でした。

あちこちでお年寄りが付き添いつきで

歩いておられるを見かけました。

穏やかな日です。

もう少しするとお部屋もこもりがちになりますよね。

我が家は8匹のニャンズがいます。

一匹は別宅ですが7匹のニャンコ

トイレの臭い対策が課題になります

今までは2個の脱臭機を使っていました。

なるべく窓を開けていますが

これからの寒い時期には限界がありますよね。


何時しか壁紙や布製品などが臭いを吸い込実に尾が取れなくなるということを聴き

何とか手を打ちたいと思っていました。


そんな時小型で性能のよい脱臭機のがあるよと

教えてもらい購入しました。

今までは加湿もできるもので大きかった


一番利用されるトイレの所は窓も無く、広さも2畳位で

狭いので大きなものは置けませんでした。

小さなものは以前違うメーカでおいてましたがイマイチでした。


17センチ弱の縦横で高さ28センチとコンパクト

能力は10畳に対応だから

もってこいです。

 

写真はホームページからお借りしました。

 

           製品について詳しくはここを

 

クリックしてね

 

 

 


 

後はコストパホーマンスというかランニングコストと能力です

 

ニャンズが大きいほうをしてもちゃんと機能して臭いません

 

クイック脱臭装置もついています

 

能力は合格

 

消費電力は標準で4Wですから

 

24時間つけっぱでも安心ですね

 

又赤ちゃんやお休みモードもあります。

 

もちろんチャイルトロックがかかります

 

ときおりニャンズなどこういう上にのりますので

 

チャイルトロックはとても必要ですよね

 

よさそうなので様子を見てもう一台購入予定です。

 

冬場の臭い対策少しは出来るかな

 

皆さんはどうなさってますか

 

読んでくださってありがとう

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も最後の月12月になりました

2017-12-01 17:55:49 | みっちゃん日記

今年最後の月12月になりました。

 

月初めは忘年会や何やかやと

 

収めとかあるかな

 


 

半ばになりますとクリスマス

 

今頃はご家庭で楽しまれる方も多いようですね

 


 


 

年末は新しい月を迎えるため

 

大掃除、

 


 

新年のための身の回り準備

 

カレンダー・手帳・あるいは肌着な

 

いろいろなありますね

 

私も小さいときお正月用に

 

新しいお洋服や靴などかってもらった記憶があり

 

嬉しかったです。

 


 

そんな小忙しい時

 

お茶をいただいて気持ちをよくしたいですね

 

 
 

そんなときに聞くのは
日本ではやはりこの曲かな
 

被災地に届け!~佐渡裕 一万人の第九

 
 
ヨーロッパでは「クルミ割り人形」かな

チャイコフスキー: バレエ組曲 《くるみ割り人形》 作品71a カラヤン / ベルリン・フィル 1982

 
 
クリスマスのプレゼントにもらったクルミ割り人形の冒険物語。

一昨年おとづれたロンドンの劇場では
ヨーロッパのクリスマス親子連れでこのバレーを楽しむ姿が
印象的でした。

12月は多くの思い出がありますよね
皆さんはいかがですか?

コンゲツもよろしく御願いしますね
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢(20歳)リンちゃん猫風邪治療、新たに

2017-11-30 14:09:00 | 舞いと美いの日記

 

今日は木曜日舞と美いの日記の日です。

おかげさまでみんにや元気です。


陽だまりの中まどろんでいます。


きりっとした気持ちのいい大気が入ってきています

少しだけ窓もあけっぴろげています

高齢ニャンコのリンちゃんは火曜日お医者様へ


それまでの2~3日

鼻ズビズビがひどくてかつおの切り身は食べないし、

ご飯もチュールやクリスビーしか食べない

これは鼻が詰まっていて臭いがしなくて食欲をそそらないらしい

薬は飲ませているが一度吐いて以来どうもいやみたい。

その割に効果もイマイチな気がするのは

うまく飲ませていないせいかな

お医者様によると菌が抗体が出来てるかもしれない

分析して合う薬をみつけてみますということで

検査していただく

結果は1週間くらいででるらしい。

小さいときに鼻気管支炎(俗に言う猫かぜ)にかかり

直っても

リンちゃんのように高齢になり体力が弱ると

再発するのだとかです。


ヒロちゃん(4歳)も保護した時ひどかったから

高齢になると再発するのかな


予防接種は高齢になると弊害も大きくなるから

接種しない方がいいらしいしね

まあそのときに又考えることにしましょう。

ほかにゃんは快調

ありがたいです朝晩冷え込んでいますがおうちねこはあたたかいのでだいじょうぶだよ

みっちゃん家は一応平和です

みっちゃん毛にはめづらしいパンダ猫団子です

読んでくださってありがとう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本画はやっぱり日本人の心だな・・院展

2017-11-29 18:58:28 | 展覧会

今日は院展を見に行きました。

 


 

院展というのは岡倉天心が中心となって、

 

1898(明治31)年創立した日本画の研究団体です。

 

その団体の公募展です。

 

毎年9月東京展を皮切りに

 

全国巡回する展覧会で約120点の日本画が展示されます

 

日本画の大きな公募展には「日展」がありますね

 

これは私達仲間内で言っているのですが

 

日展の日本画は斬新的な作品が多く、

 

表現に油絵との境がなくなってきてる気がします

 


 

もちろん日本画は絵を描く材料がちがいます。

 


 

日本画は、千数百年以来続いている絵画様式が基本となっており、その画材となるものも歴史に培われた伝統的な素材です。

 

一般には紙や絹、木、漆喰などに、墨、岩絵具、胡粉、染料などの天然絵具を用い、膠(にかわ)を接着材として描く技法が用いられています。また、金などの金属材料(金箔など)を画材として効果的に取り入れています。(山種美術館の説明より)

 

というもので

 

膠で溶かしたり自然の材料のものも多くて高価で

 

扱いも繊細で難しいす。

 

日本画の千年以上の伝統にのっとり

 

その美しさに現代の魅力を忍ばせている意味で

 

私は院展が大好きです

 


 

日本画の色彩はデリケートで写真では

 

その中間食の美しさが少しもでていませんホームページの飛んでいただけると少し味わえます

 

これは題材も平安朝貴族絵巻の世界のような美しいものです。

 


 

もみじをめでる一服と湖で景色をめでる美しいある意味風景画です

 

クリックしてね

 

http://nihonbijutsuin.or.jp/102/takahashitenzan/index.html

 

吉野そう、秀吉が行った有名な花見の場所

 

古を忍ばせる絵画を越えた物語を感じる作品です。

 

クリックしてね

 

http://nihonbijutsuin.or.jp/102/tabuchitoshio/index.html

 

日本画独特の蒼と金色でファンタジーな素材

こんな日本画の方向もいいよね。

 

ムーンライダー(月の乗り手?)

 

薄っぺらになってしまってます。こちらの見比べて

 

 

 

クリックしてね

 

 

 

 

 

 

そして私の大好きな手塚雄二さん

 

今は亡き平山郁夫さんの跡を継ぎ越える画科だとひそかに思っています

 


 

 

 

 

 

クリックしてね

 

 

 

http://nihonbijutsuin.or.jp/102/tezukayuji/index.html

 

 

 


 

今まで世界の有名美術館を見てまわりました、

 

日本画よりはるかにたくさんの有名油絵をみてると思いますが

 


 

やっぱり日本人の感性にねづいた日本画の世界は

 

いいなあと思ってしまいます

 

そんな絵画展でした。

 

皆様もお近くにきたら見てみて下さいな

 

今回は特に秀逸な作品が多いです。

 

読んでくださってありがとう

 


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皇帝ダリアスケッチと母の骨折お見舞い

2017-11-27 15:57:45 | 自分の描いた絵

 

これは先週母の施設のお隣でさいていました。

昨日は絵画三昧の日でしたが、急遽に時間が出来て

母のお見舞いに連れて行ってくれる予定が立ちました。

で、午後のお稽古はサボり様子をみにいきました。

 

お稽古ではまだ簡単スケッチと油絵途中です。

今回最後の「皇帝ダリア」でしょう

メキシコ原産ということもあり、

霜が降りると終わりですから

がんばって仕上げたいです

私の大好きな上品な紫の色がでたのでうれしいです。


母の病院は道もよく知らない岐阜市郊外の田舎にあるのですが、

最初ホームページをみたり、あらかじめ

弟などに聞いておいたのでカーナビの案内もあり、

スムースにいけました。


病院で設備もよさそうな大きな病院でした。


駐車場にとめて歩き出すと

ちょっと離れた所を通った人のことを息子が

「おじちゃんじゃない?」「へえ?」

遠くてよくわかりません

50メートル以上向こうですが名前を2~3回

呼んで見ましたら振り返りました。


長男です。母のところにきていた様子。


「どんな感じ?」って聞きますと

「もう認知症が進んじゃって。

トイレ・トイレと

おこせといい、オムツを引っ張ったりして大変!

骨折しているんだから、

起きられないといっても、

30秒もするとトイレといってオムツを引っ張る


知らん顔してるとだんだん声が荒げてくるし・・

丁度オムツかえになったので

ほうほうのていで逃げてきたところ!」

とワーッとしゃべりました。


母とこの兄とは相性があまりよくないことも基盤にあるようです。

人ともまじめで几帳面、頑張り屋さん

どちらかといえば融通の利かないタイプです、

で余りコンタクトしてないのね。


私は一人娘なので、母の秘蔵っ子・

母の献身おかげで死地を脱した経験が何度かあるのです

(大半は父から聞いた話ですが)

せめてお見舞い位と思いお見舞いくらいはとよくいってるので

母の変化はよくわかります

口数も多いからね。(笑)

母のまだらなのは今に始まったことでないし、

適当に話を楽しめる話題なら

冗談も通じるし、そう会話も負担でもないんですね


この日も「お饅頭もってきたよ~」って言ったら

大喜びでちょっとだけですが食べました

「ゆっくり休んで、骨折治して、綺麗になってね」と

息子がいいますと

「又、もらいに来る人がいたらどうしよう!」と大笑い!


自身の口を指差し、「ここばっかり達者!」というので

又大笑い


この間


認知症の予防もあり、前の個室経験から

今回は大部屋四人部屋にしました。

どこからか強烈大きいほうの臭いがする

手短に切り上げて又「くるからね」と帰りました。

部屋を出て

「すごいにおわなかった?母のところを離れたらにおわないから

あれはははのもようしたものでない?」とききますと

「そう思う」と合図地を

打たれました。

やっぱりなあと思った次第です。

 

 

能天気かもしれませんが、

 

まだまだがっかりしなくてもいいよなとも思いましたけど。

 


 

「年齢が年齢なだけに

 

骨折入院で急に逝くこともあるからね」と

 

特養に勤務経験のある息子に忠告されましたが

 

それはそれだよねとも思えますが

 

先回の皆様のコメントいただいたものを読んでいて

 

ふっと涙がわいてきました。

 

其々の経験なさった事やいろんな思いやりの言葉をいただいて

 

自身の心の緊張が緩んだのかなって思いました。

 

まだコメヘンは途中ですが

 

ありがとうございました。

 


 

又読んでくださってありがとう

 

 

皇帝ダリアは去年のものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の3回目骨折、今度は大たい骨におもう

2017-11-25 15:33:04 | みっちゃん日記

 

実際介護の書庫を作ろうかと思う位

私の親にも色んな事がおきます。

日本も高齢化が進み、私の回りでも、

親にいろんな高齢問題を抱える人が多くなってきてます。

年前に開設したばかりの

母の入ってる高齢者施設は住居型という施設です

母の入ってる田舎にしては高額な維持管理費ため

当時開設4ヶ月でまだ空がありました。


新しい所は施設が綺麗でスッタフも新鮮で好感が持てて

即決めました。


もちろんこちらの切羽詰った事情もあったのです

半年余りで2回骨折したこと。

2回とも腕でしたので支障は少なかったのですが

昼間は一人ですのでもう一人で置いて置けないと判断しました。


それ以前に薬を飲まない。

これは食事を取らないことも大きな理由


デイはドタキャン

皮膚病が広がっている

枕元の菓子パンやお菓子は一袋みな食べてしまうなど

後から思うと変なことがつぎつぎとあったと思い出します


寝てたほうが楽だからと寝てばかりいることが多くなり、

大腸がんの発覚を期に痴呆もすこしづつ進みました。

痴ほうのクスリも合わなくて

まったく食事も取らなくなることもありました。


もうだめっと決心したのは

以前にも書きましたが骨折して見舞いに行った時

大きいほうをしたまま鼻が曲がり、吐きそうな匂いがする中

眠りこけていたのです。

ひどく驚き

う一人でいることはできないと施設を探し

3日で良いところは入所できたのは幸運でした。


でも今はこの施設ももう満床なんですよ。


ところが一昨日母は3回目の転倒で大たい骨骨折


96歳という高齢なのと血液さらさらの薬を飲んでいるので

手術は無理なんですね。

たとえ手術に成功しても1~2ヶ月の寝たきり生活の後は

歩けるようにはほぼならないとか


兄弟で相談して手術はやめようと決めました。

骨折部分がそれなりに治癒した後車椅子生活とか。

それは仕方ないこと。

又転んだら又骨折ですからね

問題は骨折手術なら受け入れ病院があるのですが

手術をしないとなると

受け入れが難しい

家庭に引き取り看護するのは無理です。


幸い施設のほうでも手を尽くしてくださり

先例がありその縁で受け入れしてもらえ入院できました。

大きな個人病院ですので

母の大腸がんや尿管の交換の治療についても

新しい見解がもらえ、良かったです


それらは、とりあえず骨折治療を優先させてからのことに

なりますが・・


母は今までは紙パンツでしたが、骨折してオムツになりました。

施設で病院探しの時間でもオムツをはずしたり

トイレに行こうとしたりとか。

施設では脱げないようにつなぎを着せられていたそうです


病院ではそういうつなぎのがないとか

どうやって面倒見るんだろうと身内でははなしていましたよ。


私たちも後何年かしたら

母のような事態が起こりうるわけですよね。

どうやって解決できるのかなと

今から学習しておくべきこと。

覚悟決めておくことがありますよね

でも一番辛いのは

まだらボケでも


そういう事態になってしまった母だろうと思うと

涙が出てきます


大腸がんが発覚したときでも

「すごく健康には気をつけていたのに

何で大腸癌なんかになってしまったんだろう」

とつぶやいたことを思い出します


「長生きになって色々な病気がわかってくるように

なっただけだよ」

「昔と違って苦しまない治療があるから大丈夫だよ

お金もたっぷりあるから

全部使い切るにはギネスに載る位

長生きしなくてはいけないんだよ!」

といって大笑いしました。

今はこうやって明るく過ごすつもりでいます

皆さんの周りにも

こんな経験なさっている方おありかもしれませんが

これも運命よね

明るく乗り切りたいと思っています

読んでくださってありがとう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

返事をする猫しない猫

2017-11-23 18:20:31 | 舞いと美いの日記

 

今日は木曜日舞と美いの日記の日です。

昼前はとっても穏やかで日差しが入りみんな日向ぼっこでした。

晩秋の小春日和というのでしょうね

みんなマッタリはどの子も同じ

でもいつも不思議に思うのですが、

呼んでも呼んでも反応なしにゃんも

呼べばば飛んでくるにゃんもいます

その線引きはわかりません。


必ず外出する前と帰ったら点呼が習慣です。

なにかしでかしたり、変わったことがあるといけないからです。



 

さあ今日の主人公の舞ちゃんと美いちゃんはどうかな?



自分たちが舞・美いとと呼ばれていることは

リアクションでわかっています。


点呼の習慣は美いちゃんのある事件で確定しました

まだ一歳前出かけようと思いましたら、

どうしても美いちゃんが見つからない

そんな拾いいうちでもないし、隠れる場所もない

マンションですからベランダにも絶対出さない

窓も閉まっていてでようがない

途方にくれました。


洗面所の洗濯機の中をふと覗くと、

透明なふたが蒸気で曇っている

へえ!

見事中に入り、ふたがしまりでられないで

途方にくれる美いがいました。

すごく驚きました。


出かける前の点検をしてよかったです。


もちろん風呂場は鍵をかけ、洗濯機の蓋もして出かけます


大体舞と美いはいつも一緒に行動をして

ネコカウチ又はパソコンいすでマッタリが所定の位置

呼ぶ必要がないのですけどね。


普通にゃんこは返事しないのが当たり前と思っていました。


ところが後から来たヒロちゃんは絶対に返事をするのですよ

ニーナちゃんもです

この二匹は呼べばトンで来て

ここにお座りというとちゃんと指差されたところに座ります


でも自分お名前ということを理解してるのはロンチャン

呼んでいるとのっそりと現れます。


一生懸命呼んでいるのに、マイペースなのはさすが長老。

りんちゃんです。

「呼んでるのわかってるけれど、何の用事なのよ~

美味しいものくださるの~」と翻訳すると

そんな感じが多いなあ

いつもくっついてるなっちゃん


美緒は自分が美緒だってわかってるのかなとも思うけれど

良しです

元気で待ったり過ごしていてくれればね

今日は午後は曇ってきましたが

みんな元気呼ばれて返事をしてもしなくてもみな平和です。

読んでくださってありがとう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちりも積もれば・・エアコン掃除とピアノの調律

2017-11-20 18:34:54 | 今日の出来事

 

(フィルター部分だけになったエアコン)

今日午前中はかねてより予定されていた

エアコン掃除の業者さんがきました。


サッシ交換の折にエアコンを移動、復帰にも

電気屋さんが来てちゃんと稼動するか確認します。

その時フィルターがほぼ完全にめづまりしてるので

業者に頼んで清掃してもらってくださいといわれました。


別宅のエアコンはもう8年になります。

一度も掃除してありませんでした。

道理で音だけうるさくて、風が出てこないなあっと

思っていました。

大手の業者は6年以上のものは掃除を断るとか

ネットで探してくださいとアドバイスしてくださいました。

ネットで探して、うまくいい業者に当ったようです。

18800円、料金もそんなに高くない

世間相場です

3時間かかると聞いてました。

実際それ以上かかりました。


「シャープのロボットはちょっと複雑なんですよ」って

言われました。

ひとつづつ部品をはずしていき丸裸状態にします

 

 

仕事も丁寧だし、何より几帳面で

 

綺麗好きなのが道具を見ればわかります

 

今までいろんな職人さんを見ましたが彼がダントツです。

 

抜いたねじも区分してラベルをつけてました。

 

後で聞いたのですが

 

ハウスキーピングなどをするこの道25年だ

 

そうです。

 

後始末も気持ちのいいくらいきれいにされていました。

 

8年間のチリはすごいですよね

 

フィルター掃除をして外に排出する直径5センチくらいかな

 

その管はほぼちりぼころで詰まっていてびっくり!

 


 

メインは丸裸にフィルターなどだけになりますと

 

洗浄液をかけるところです、

 

私はそれが見たかった!

 


 

電気の部品に洗浄液?っていつも不思議に思っていました

 

エアコンを包みます
 
じょうごのようになっていて汚い洗浄液が下にたまります
 
そして洗浄液の出る噴霧器みたいなので
エアコンをあらい ます
まったく
ちりも積もれば山となす
というとおりです

3年毎くらいで掃除されるのがいいですよといっておられました。

午後はピアノの調律
こちらは毎年やっていますし、構造上も吸いこむわけでないから
猫の毛もそうたくさん積もってるわけはありません
やっぱり日ごろのメンテは大事ですね
つくづくそうおもったしだいです。
皆さんのエアコンは大丈夫?

読んでくださってありがとう

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加