アーモーおやじ

テニスで失敗すると出る「あーもー」。夫婦で田舎暮らししたいなあ。スノボでグラトリ、決めたいなあ。

銭湯にて、露天風呂にて。

2017-11-25 22:18:03 | Weblog
第1章
かみさんと高槻の銭湯に行ったときの話。

風呂から出て着替えているとき、
「すみませんが」との声。
振り向くと、熊のような大きな方が、、、

私の脱衣ロッカーの下のロッカーに着替えを入れていたため、私が邪魔していたらしい。
「あ、どうぞ」
と場所を譲ると、熊さんはすぐに自分の衣類などをロッカーから取り出し、別の場所に移動させ、取り出したバスタオルを小学生低学年くらいの男の子に渡した。私が着替え中だったため、熊さんが気を使ってくれたのがよくわかる。

バスタオルを受け取った男の子は、3歳くらいの男の子の頭を拭いてやっている。熊さんが二人の息子と銭湯に来ていたのだ。
弟の体を拭きながら、兄が
「男風呂と女風呂とどっちがいい?」
と弟に聞いている。
どうやら、今まで弟はお母さんと女湯に入っていたらしく、今日が男湯デビューのようだ。

聞かれた弟はしばらく考えて
「どっちもいいよ」
と一言。やられたー、そうきたか! 2択ではなかった。

思わず笑みがこぼれた、と、同時にこの家族が素晴らしいと感じた。熊父さんも、お兄ちゃんも、弟も素敵だ。本当は女湯がよかったかもしれない(多分そうだろう)が、弟の父や兄への気遣いがすごい。なんか嬉しくなった。


第2章
26年ほど前に家族で、夏休みに北海道でキャンプをしたときの話。

ニセコでキャンプをしたとき、ひと風呂浴びに、五色温泉へ。
私と上の息子二人(長男小学4年、次男保育園年長)は男湯、かみさんと三男(3歳)は女湯に、いつものパターンである。
内湯で体を洗ってから、外の露天風呂に飛び出して行った次男が、あわてて戻って来て一言、
「女がおる」

内湯は男女別だが、露天風呂は混浴だったのだ。一緒に入っていた方も巻き込んで大笑い。楽しい思い出である。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶり、九度山 | トップ | 秋深し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事