武蔵小金井駅

2016-12-28 11:20:22 | 日記
東上線志木駅→武蔵野線新座駅→西武池袋線ひばりが丘駅。西武バスの62系統に乗って保谷駅を目指します。午後6時30分から上智大学の聖歌の演奏会が在ります。無料なのです。
西武池袋線についてしまえばこっちの物。やや時間が空いています。ひばりが丘駅→花小金井駅→小金井公園に着きました。正確にはバス停二つ分前に降りちゃった訳でして。
たぶん農薬検査場に降りたものと思います。
寒くて何となく気づくと歩道を歩いていました。モデルルーム前のバス停→日生住宅→小金井公園西口。その間に道路を跨ぐ石橋が架かります。とりあえず渡ります。

なんと公園にはカントリークラブのゴルフ場があったのです。ゴルファーの為の橋です。貴族や紳士の嗜みのゴルフ。
全く紳士でもない私。市井(しせい)の姿勢の別けもなく。共有しています。当然、敷地内のゴルフ場には勝手に入れません。道路を跨ぐための合流部なんよ。

頭側が貴族のクラブハウスがある場所。倶楽部はClub。クローバーの打ちつける場所。棍棒のクラブ。
江戸東京たてもの園側が胴体と成ります。

番号がついています。中心のサービスセンターが1番。江戸東京たてもの園は9番。7番~6番の間に蒸気機関車の展示場。
以前も公園には来ていますが。公園→真横の玉川上水に抜けていました。今回はたてもの館に入る所存です。と思ったら冬休みでした。
いつもですと、風任せに何処か遠くにふらふら歩くのですが。
地に足をつけて考える時もあるのです。
石神井川の源流が小金井公園です。この前は三宝寺池にご挨拶。源流に顔出しです。先ずは機関車にご挨拶。

中央線快速は富士山~大月~八王子~新宿~東京(皇居)に通じる臍帯。お臍です。中央線快速13は武蔵境駅で眞子さま。佳子さまの基督教大学。14は東小金井で意思の石。佳子さまの耳心です。15武蔵小金井駅が悠仁どのの苺星。
14気管支(機関士)~15胃。新潟県15は甘い物は別腹に「子を隠した」皇族印。胎児の退治や対峙の澱。いわゆる屎尿の滓に掛けたのが私と成ります。
番号の6番火星~7番小惑星の間。「小金井公園駅」の「こきん」をつなげました。古今和歌集の若。古今東西の両脇。
中央線快速14・5の胃から湧き出るゲップの月賦の「おり」も軽くなるのです。目に映る事象は吐瀉物。新潟県の潟(せき)の咳。呼吸器の病も軽くなります。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 志木駅 | トップ | 武蔵小金井駅 その2 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。