川越駅 その2

2017-03-20 10:57:22 | 日記

新宿(北)交差点。16号線を挟んで浅間神社の対面には実在寺があります。実在寺は飯能市にもあるお寺。西武池袋線26の飯能駅は京都の盲腸。自分の意思で内臓を制限出来ない。または遠い知覚として飯能駅が掛かります。池袋の腦で声部したい西武線の「はなれ」。川越市にある本川越駅は新宿線。同じく26は狭山市駅。
ポケット地図番号の狭山市は47で沖縄琉球の卵。東上線だと越生線の終点で越生駅が相等します。
とある支配者層は人間像の生めや増やせやも支配しています。西武新宿駅~所沢駅~本川越駅。長もの。腸の大腸で大蛇。膣の管を新宿線は現しています。知覚できる盲腸の傷みは狭山市駅26。狭山市全体の卵の産みと成ります。

飯能市。ポケット地図番号42の九州竜の後頭部。つむじで目に見えない雲の糸。名栗村41と合併して大きな飯能市に成りました。「なぐり」は殴る。擲る。撲る。表れが長崎県の原爆。支配者層が殴った。空いた穴で朝鮮ヤクザの893を投入したのよ。佐賀県41の「性」で嵯峨。差我の始めの認知。私と他人の差我ですね。人の業だけなら殴って奪って犯して。その恐れに対してハウステンボスの「森の家」が立ち上がります。木のピラミッド型です。
大きな飯能市。嵯峨県の本性を長崎県のテンボスの天ボスが取り込んだ因なのよ。森の家で「しんか」森家の心窩。
始めの始めに悪意があるので。木々の「しんか」も作られた表れ。木々の背比べ。根の張り合い。花粉の飛ばしあい。循環紙幣社会で金縛りの「こん」が抜けた人の死体を土葬します。小さな虫が食って土に帰ります。その土から根が伸びて木に成ります。艮のない人間像の死体がゆくゆくは大地自然を巡ります。
飯能は半農。煩悩。半納。「うるさい」の煩い。五月蝿い。腦内にこだます反響や残響のオリも軽くできるのよ。その現れが実在寺の幕張り。

国道16号と254号の共有区間。270は27大阪府と70の「しち」の柒。㯃。「うるし」の汁。木肌からわき出る蜜の自在性です。青春の汗や喜び水。唾液も我慢汁も。体の内側から出てくる水なのです



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 川越駅  | トップ | 川越駅 その3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。