池袋駅 その2

2016-11-26 05:03:45 | 日記

酉の市の提灯が呼んでいます。大鳥神社にご挨拶に行きます。

オリナスのビルには「いけフクロウ」のモニュメントが飾れています。

註釈には、怠け者が20年間眠り続けた。男は目覚めた時、自分が歳をとっただけと気づく。オリビアは優しく見守っていた・・?。
眠り姫のおっさん版。目覚めの口づけをしてくれないから薄目を開けて待っているのさ。澱の檻はCageでして。翳。影。熊(かげ)

目覚めたようです。
オリナスは織り成す。老人施設がメインでしょうか。池袋駅(腦)の雲の糸の腦天。雑司が谷の造詣、象司で「憎」の臓。
たぶん私に掛けていまして。20年の眠りとは二十歳前後の当時、水商売のボーイをしていたのが池袋駅。あたふたとビール(麦)を運んでいたよ。
36歳の誕生日を埼玉医大で過ごし。お役目を知りまして。池袋駅に神経玉を通しております。ただいまは魔法使いと激しい陣取り合戦をしているのです。

法明寺~法明寺の飛び地の鬼子母神。その通りを横切ると東京音大。御大です。文化祭を開催中。何の躊躇もなくぴょこんと入ったのよ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 池袋駅 | トップ | 池袋駅 その3 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。