千歳烏山駅 その2

2017-02-12 03:30:15 | 日記

南水無橋の先に佼成女子学園があります。字面の佼に掛けています。人偏の交じる。「けいさんかんむり」「なべふた」の父。交尾の掛け合わせ。咬むの神(かむ)でcome。米ですね。
南水無。南は¥を同構えに入れて十字で蓋をした字面。水無しは水子無し。南の太陽を崇めるように¥を腹の底から崇める因果を掛けています。循環紙幣社会で澱は軽く成ります。
子育てステーションの駅(易)も自在性を宿せます。掛け合わせの愛。哀。合いの子の因果も解けるのよ。

現れは女子学園のお隣の踏切に掲げていました。東京都市計画都市高速鉄道事業第十号線のお知らせ。立体交差事業です。

笹塚駅~仙川駅。笹塚駅の手前には環状七号線と玉川上水が掛かります。仙川駅手前には仙川が掛かります。玉川上水は多摩川の玉から水を引いた命の水引です。東上線の心臓の平林寺に流れる野火止用水の大元が玉川上水で、その元もとが多摩川なのよ。
環状七号線は骨の感情線。神を呼ぶ勧請です。
一方の仙川は仙皮。戦費。鮮卑。「せんぴ」の自製と成ります。
先考は「亡き父」。先妣は「亡き母」。考。者。煮。老。共通字面の土+ノ。袈裟切り。土を切る者です。考は父の意味。丂の「さまたげられる」「こがたな」彫刻の彫るに通じて超克する。世界観を超克するのです。
笹塚駅はKO04の月。仙川駅はKO13の冥王星。その立体交差で立体視。立太子の韻を踏んだのよ。十号線は天王星印で「じゅう」の獣。重。銃などなど。虚構側から世界観を開いてきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 千歳烏山駅 | トップ | 千歳烏山駅 その3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。