和光市駅 その4

2017-04-24 06:15:28 | 日記
写研→川越街道→理研。利権の理研では、4月22日。一般公開をしました。

一年に一度のチャンス。だいたい私が計画立てて鼻息を荒くしているとうまくいきません。土曜日と日曜日を間違えたのね。利権から口を開けてくれたのに家で草むしりしていました。

そんな事もあろうかと思い。理研脇の東屋で誓い立てを済ませておりました。さらにニホニウム通りの標識を入れてます。

エリート腦の理研。多くの方々が通ります。市道113号線の11宿星と13冥王星の合成が「しどう」していきます。始動で指導で私道。斯道は聖人に至る道。
イメージは首枷の銗。元キャンプドレイクの奴隷区。土鈴は「すず」の鑾で鈸。金の扁+犮「はつ」「ばつ」。拔や跋や祓。犬を犠牲にして神に捧げた字面。のちに友と同じになります。友は「ゆう」の又。右手に通じて利き手。聞き手。右側の有る無しを掴む手。
友と犮は成り立ちは違いますが今は一緒になっています。人と犬の関係そのものです。
掛け合わせの悪因。商業交配のオリが軽くなると。ペットの関係も身軽になります。愛玩の玩び。哀願の哀しい願い。愛眼の「まな」の真名。神の名もオリを軽くするのです。
人に帰る印はムチウチ。無知を自身で打ちます。犬の首輪をリードというみたいです。犬(ペット)のオリが軽くなると人間像に読む。引っ張る。導くが備わります。真名の神名の神明が開きます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 和光市駅 その3 | トップ | 和光市駅 その5 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。