岩槻駅 その3

2017-03-08 00:44:28 | 日記
野田線の岩槻駅~スカイツリー線の越谷駅まで伸びる朝日バスに乗りました。シラコバト運動公園がスカイツリー線の頭別け。知囊の智能別けです。昔の伊勢崎線の白子と子鳩の合成。白子は精巣精子。「豆が欲しいか、それやるぞ」の鳩ぽっぽの親鳩と子鳩の受け継ぎ。自身で創る白子の新陳代謝。
豆は頭で図。図を小分けして投げ与えます。皇を通すと百の遺伝子を百のまま射精します。また無声の夢精子で位置の壱を射精します。有声と無声の有無。

鳩ぽっぽの鳩は白子鳩。総体の声は「ぽっぽ」。汽車ぽっぽの蒸気。丞は助けるの意味。蒸は落とし穴に落ちた者を助ける字面のクサリ。下は烈火心。
循環紙幣社会では個々に助ける。過度な感謝も謝辞もいりません。写字も社寺も増やす必要はないのよ。自在が出来るのは伝え伝わる。時間が飛び飛びの廃線。武州鉄道の思いは何となくわかるのです。
朝日カラーの朝日バスは遠出したときの新しい道筋を通してくれます。岩槻駅は野田線06で火星の心臓印。足うら印は鼻。話。華。女性の総体の声で華やかな年齢から老いていくオリです。
スカイツリー線の21越谷駅は住民が要望して招いた請願駅。正眼で誓願。血息の共通した願を誓ったのよ。循環紙幣社会で開くのは青い頁(ページ)で青春の写しと成ります。21は副腎の福神。畐は酒壺。人体を酒壺に見立てた字面。畐を申して招いたから形に成りました。
宮ヶ谷塔の塔は頭。東宮下の氷川神社が肺胸。膝子が足。その先に埼玉スタジアム2002。スパイクの刺刺しさも軽く成ります。
二心法だと1001。天王星と天皇星(太陽)のつなぎ合わせ。スタジアムの総体。集団の運動性や歓声の慣性。人が集まる。散る。集散の蓚酸。臭産も自製できるのよ





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 岩槻駅 その2 | トップ | 清澄白河駅 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。