高円寺駅

2017-02-09 06:55:23 | 日記
中央線快速の高円寺駅は東京から数えて07番目。小惑星帯で、群の日本人を示します。福島県07は皇籍から下った黒田清子さまが象徴していました。もと伊勢神宮の臨時祭主。鳥の研究家でもあります。カワセミの翡翠。川蟬。鴗。「ヒスイ」と「ミドリ」に通じます。
今は木星衛星07の愛子どの。茨城県水戸の08。くさりを解くと次の城(白)を示しています。九州竜にとっての「よぼろ」の丁。「ひかがみ」の膕(よぼろ)膝裏の窪みです。にく月+國=引屈。
新潟県15が竜の膝裏。膝頭にあたるのが丁(よぼろ)の福島県07と成ります。甲乙丙丁の最下位が丁。
朝鮮貴族やヤクザは済州島が出身地。白丁と自称他称。丁の白です。群の日本人は丁。その白が彼らです。
ちょんまげの丁髷は「ちょん」の全と鄭。躑。擲。鄭(てい)で丁。全ての「てい」が「ちょんまげ」の頭の上に載っているのよ。
マゲは髷。鬟。枉げ。曲げ。鬟=髪+環(還)。共通字面の寰(かん)はアトラス。双肩で天空を支えるアトラスは第一頚椎。地図帳を意味します。うかんむりの付いた寰中は畿内で「きんき」の禁忌。錦旗。近畿です。
頭側もお尻側もエネルギーの管。長いもの蛭や蛇など。足が見えない一本の尻尾を含めて三つの「こめかみ」を持っているのに対して頭にも見えない顳顬があります。角です。象徴が丁髷で白の丁(鄭)が映っているのです。
沖縄琉球が悠仁どのと愛子どのの丁髷。九州竜が前頭洞の鹿児島県46で思い描いた御子が沖縄琉球の竜宮城です。
北海道龍の福島県07と茨城県08は木星と木星衛星が伸ばした第一頚椎のアトラス。栃木県09の土星が伸ばした土星衛星のアトラスに架けています。雅子さまの大きな因果で土星サタンの大地母神が伸ばした瓦斯の輪っかの環(たまき)です。
赤羽駅~中板橋駅~高円寺駅を結ぶ関東バスの一日乗車券で廻ります。赤羽31系統は「赤い羽」の三井。心臓の位置に赤い羽の共同募金をつけます。教道(鏡胴)の31系統で三井。

東上線の顔(がん)の直腸31が関東バス。バス停の位置が直腸にあたります。
下頭橋の地蔵と、陰側の福泉寺の地蔵が対になります。東上線坂戸からやって来ました。盲腸26で「もう」の妄で土星印です。

眉間。鼻筋の狭い陰陽の地蔵の自像が二つの地蔵と成ります。バス停は中板橋駅入口と南常盤台の二つが小鼻にあたるのよ。

環状の感情の高ぶりや落ち込みが骨(七)の三井。つまるところ感情の起伏で帰服。ここが顔部の直腸を表しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中板橋駅 | トップ | 高円寺駅 その2 »

コメントを投稿