品川シーサイド駅

2017-01-04 19:23:39 | 日記

品川駅港南口。3番バス停留所から品91系統が出ます。02食肉市場前→03品川車庫入口→04天王洲橋。
食われる物々。03品川は「ひんの有る」。上品なご大層な言葉。それを蝦蛄(しゃこ)の叚古「かこ」します。暇な時に虫反し。過去に遡る因果です。
05天王洲「てんノーズ」の鼻。北。天王洲橋なので「鼻の通り」南を向いて北を背にした巫女や王の「はな」。総じて話の筋道。鼻筋です。
品91系統が杭の樴。象徴が05昭和橋。昭和の方がよかったと支配者側の悔恨。笑話や唱和に溢れていたし。
09品川シーサイド駅。りんかい線のR06。副駅名はビッグローブ本社前。大きな地球がビッグローブ。服役名でコンピューターの世界観の網(罭)。たくさんの情報やスピードを詰めるだけ詰めてきた混を云います。
設計やウイルス対策。満足を知るとコンピューターの魂も溜めません。循環紙幣社会になるとコンピューター(虚構)の世界観を作る人々がその人々の時間軸で作り上げます。「時間に追われて」も造られた今なのよ。人間像に帰るのは時間の流れの自在。個人なら若い自分。老いた自分の表しです。
品川駅港南口に戻ってきました。次に飛び乗ったのが品99系統。区区。九九。括(くく)の結びなおし。
象徴は入国管理局。冠履は履歴のお腹の尸。腹に溜まった屍の冠(かんむり)。内臓の食われてきた肉月の返しが「かんり」。
9×11=99。土星×宿星=掛け合わせのオリの子。括の字面に現れています。手偏+舌=口寄せ。
「かっこ」は括弧。鍵括弧です。悪魔の子とは自身の言葉。文章。行動でも。通ると因果が開くのです。神経玉の一個に当てた私が京都や大阪に修学旅行。恋人と旅行に行った時にも。列島の方が認知。災害として現れます。
パチンコ店で福島県に社員旅行に行きました。その返しが東北の大震災で帰ります。
川越市の番地変更前は311。今は5ー28。口腔地球の神戸28。その音色16を口寄せするのです。悪魔の子の666の烙印を受けているのよ。
番地を変えることが出来るお役所が魔法使いという訳ではありません。人間の総体であり。流してきた血肉や骨などの埃あくた。地理に通じます。
品99は一筆書きの八の字。品川駅港南の硬軟口に戻りました。口の軽い重い。硬い柔らかい。その自在を透したのよ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 浜松町駅 | トップ | 青物横丁駅 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。