日々これ楽日

桜情報を機に始めたブログがH26年猫は天国に、娘は結婚、夫は認知症と一気に環境が変わって老老介護の記録になって来ました。

年賀状

2016-12-27 23:53:07 | アルツハイマー病

今年も年賀状終盤の時期がやって来ました。

この頃この年賀状を書くのが私自身が億劫になってきました。 

夫はいつも早め早めに書くのが常でしたが昨年は5,60枚くらいだったでしょうか宛名書きだけですが最初は間違いはも何枚もありましたが少し慣れたら前年の頂いた賀状を見て郵便番号、住所、名前を判別して一気に書き、次の日は早く出さなくてはならないと書いたことも覚えていました。

今年も自分で書いたほうがいいのではないかと思うのを40枚ほど選んでおき、住所だけでも書いたらと促しましたがなかなか書こうとはしませんでした。

やっと書こうとしたのでここが郵便番号、住所、・・・と一つ一つここ、ここと言って間違いながらも書く事が出来ましたが10枚ほど書いてもうそれ以上は書こうとしません。 
「そうね。疲れたから又後で書こうか」と言って1日目は終了。

それから何度も書いたらと言いますが気が乗らない様子。何日かしてご機嫌良さそうな時を狙って「書いてみる?」と言うとその気になって書き始めました。

去年とは違って漢字の間違いも多く、分からない字あり、文字を抜かしたり、郵便番号も一つ一つ言わないと自宅のを書き入れたり、郵便番号の記号も入れて書くためマスが足りなくなってしまったりと色々失敗をしながらも30枚くらい一気に書き続けてついている私の方が疲れてしまい後5,6枚のとき後にしたらというともう少しだから書いてしまうと頑張りました。 

この集中力は凄い!! 

パソコンで住所まで印刷しようかとも思いましたがまだ自分で出来る間はやってもらおうと思っていました。 

後は頂いた分に返信を書くことにしました。

来年は?夫が書くことは勿論、それ以上に私の方が疲れてこれ以上は無理なような気がします。 
出さない
事も含めて考えて行こうと思います。

”頑張ったね!!お父さん”

まだ大丈夫。今年は年賀状も書けましたよ。
但し今年は書いた事も忘れてしまいました。
ポストに入れることなど勿論忘れています。

今の夫は着替えの順序などは分かりませんがハイこれねと出してやると迷いながらも自分で出来ます。
文字も読むことは出来ます。
テレビを見ていてもその時々のコメントは絶妙です。

まだまだ出来る事がありますが新しい年は何が待っているのか不安がいっぱいですが出来るだけ今の状態を保って欲しいと願っています。

(りんごと間違え赤カブの皮をむいて食べた事もありました)

    

今年も残すところあと4日。  

喘ぎながらも夫の足跡を残して置きたいと思いながらなかなか書き残す事が出来ませんでした。

一年間拙い文章を読んで下さった皆様有難うございました。

(サルの赤ちゃん。申年お疲れ様でした。来年は酉年ですが頑張ってね)

      

ケッコーな年が待っていますようお祈りいたします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事件! | トップ | おめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アルツハイマー病」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL