川塵録

「リーガル・ボディガード」国際弁護士・中山達樹の備忘録 ~人生ハ挑戦ナリ~

■ 「海外腐敗防止」には2つある

2016年10月25日 | 法律

ネット検索等でよく目にする,アメリカのFCPAと,イギリスのUKBA。
しかし,これらは,実は,あまり適用されない,例外的な規定です。

これらは,「海外の」公務員に対する贈賄を罰していると理解していいでしょう。
しかし,実は,もっと大事なのは,「その国の」公務員に対する贈賄です。

例えば,タイに進出しているときに,最も注意すべきなのは,「タイ公務員」に対する贈賄であって,「タイ国外の公務員」に対する贈賄ではないはずです。
ですから,あまり知られていませんが,FCPAやUKBAよりも重要な法律として,「各国の(刑法等の)贈賄防止規定」に対しても意識を配る必要があります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ 『ザ・ラストエンペラー』... | トップ | 早稲田大学で英語で講義 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。