川塵録

「リーガル・ボディガード」国際弁護士・中山達樹の備忘録 ~人生ハ挑戦ナリ~

■ 発憤忘食,楽以忘憂

2016年11月05日 | 漢籍
(憤を発して食を忘れ,楽しんで以って憂いを忘る)『論語』

 孔子の自己紹介。

 寝食を忘れるほど何かに没頭し,それが楽しくてたまらない。

 そんなモチベーションの高さを紐解くと,「憤り」が行動の源泉になります。

 昨今の若者が草食系とか揶揄されているのも,飽食平成ニッポンでは「憤り」を感じる機会が激減しているからでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ 『学力の経済学』中室牧子 | トップ |  ■ 『How Google Works』 エ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。