川塵録

「リーガル・ボディガード」国際弁護士・中山達樹の備忘録 ~人生ハ挑戦ナリ~

携帯メールの危険性

2007年05月13日 | 社会・時事など
トラブルもあり結局全関東応援行けませんでした。渋谷道場のみなさんすみません。携帯も電池切れてつながらないので誰が優勝したかはまだ知らない。でも誰か渋谷の仲間が優勝しているだろうと思うんだけれど,朗報を待ちます。

以下は内田ブログ。

~~~~

独立行政法人メディア教育開発センターは昨年、大学生約1200人の1日平均の携帯メール送受信回数と日本語の基礎学力の相関関係を調べた。

「中学レベル」と判定された学生の平均が1日約32回だったのに対し、「高1レベル」は約27回、「高3レベル」は約15回。送受信回数が多い学生ほど日本語テストの点数が低いという結果が出た。

「言葉足らずなやりとりなので、送受信回数は増える。結果として、読書などの時間が削られ、語彙力の低下を招いているのではないか」調査を取りまとめた小野博教授(コミュニケーション科学)の分析だ。

(中略)

携帯メールの入力作業というのは、私には「書いてから1秒経たないと文字が見えてこない鉛筆」で文字を書いているようなもたつき感をもたらす。

私のようなイラチ男の場合、ときどき誤入力をして意味をなさない同音異義語が画面に出てくると、こめかみに「ぴちっ」と青筋が走り、そのまま「え~い」と携帯電話をゴミ箱に投げ捨てたい衝動を抑制するのに深呼吸をせねばならぬこともある。

このような「どんくさい」ツールは複文以上の論理階層をもつ文章を書くことには適さない。

ということは、携帯メールを主要なコミュニケーションツールとする人々はいずれ「複文以上の論理階層をもつ文章を書くことができない」人間になる可能性があるということである。
というか、実際にそうなりつつあるらしい。

~~~~

携帯メールが別れの原因もしくは一因となった男女はおそらく世間に何十万もいるでしょう。それだけじゃなく,携帯メールは語彙力・学力低下ももたらすのね。くわばら,くわばら。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪湾に袋詰めの女性死体浮く | トップ | このごろ思うのは, »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Two Shibuya ladies have become Champions!!! (そのちん)
2007-05-13 20:16:57

みぽりん(軽量級)と野口先輩(中量級)、二人とも優勝です!!

 壮年の方々も全員がんばってました!K須先輩はベスト4で、他の先輩達も二回戦までいきましたよ!

 みぽりんは、相手を完全にぼこって圧勝です。相手はうずくまって倒れました(汗)。
 野口さんは総本部のBlack Beltに延長戦で勝ちました!感動しましたよー♪

 中山先生の代わりに、そのちんが

 「動け動けーっ、止まるな止まるなーーっ、パンチと下段でイケーーーーーーーーーっ!!!ガンガンいけ、ガンガン!!!」
 と、先輩である二人に向かって叫びまくりました。

みぽりんの決勝戦の次が野口さんの決勝戦だったので、セコンドの私達としては鼻高々でした!

 渋谷道場のみんなは、今頃飲んでると思います。

 私は再来週の試合に向けて減量中なので一人で帰ってきました(涙)
 しかし、あと1.8キロです!そして今日、体脂肪率計ったら13.1%でした。そのちん、感動。一週間前まで21%だったのに(笑)すごいですね、人間のカラダって。

 ということで、私も優勝目指してがんばります!

 押忍
いつも (中山達樹)
2007-05-17 01:02:43
頑張ってるね。
努力はきっと実るよ。

でももっと半身でソケイブを意識して!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。