川塵録

「リーガル・ボディガード」国際弁護士・中山達樹の備忘録 ~人生ハ挑戦ナリ~

■ 『雲に立つ 頭山満の「場所」』 松本健一

2017年06月15日 | 
頭山満といえば,痩せ我慢というか九州男児の典型みたいな人で,

胸に火の着いた炭を付けられても(いわゆる根性焼き),熱いと言わずに我慢した,

ってなエピソードが心に残っている…

〜〜〜

先生を慕うて やうやく野山獄    高杉晋作


士,道に志して悪衣悪食を恥ずる者は,未だともに議するに足らず 論語


大川周明の片目は梅毒で白濁していた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(水)のつぶやき | トップ | その1秒を削り出せ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。