川塵録

「リーガル・ボディガード」国際弁護士・中山達樹の備忘録 ~人生ハ挑戦ナリ~

■ 『How Google Works』 エリック・シュミット

2016年10月29日 | 
昨日受けたセミナーで「カウボーイ・ルール」というのがあり,調べると,この本に載っていたそうなので再読。
ついでに,ページを織り込んでいたところから,気になった言葉を。

〜〜〜

・静かがデフォルトではなく,従業員同士が手の届くくらいのオフィスのほうが,イノベーションが起こる

・アマゾンのベゾスは,「ピザ2枚ルール」を提唱していた。
1つのチームの規模は,ピザ2枚を囲めるくらいがちょうどよく,それ以上大きくなるのは良くない,というもの

・顧客の要望に応えることに,企業の生存戦略があるのではない。
 「顧客の要望に応えていたら,早い馬を探していただろう」ヘンリー・フォード

・経営者のいちばん重要な仕事は,「採用」

・採用において,人格と同じくらい重要なのは,候補者が「面白い人物」であるかどうかだ。LAXで6時間足止めを食った時に,その同僚と楽しく過ごせるかどうか。

 これを「LAXテスト」として,グーグラーらしさを計る指標として,グーグルは採用している

・「午前3時にトイレで鉢合わせしたくない人物は雇うな」という人もいる

・プロダクトと企業文化に付加価値をもたらしそうな人物を採用せよ。両方に貢献が見込めない人物は採用してはならない

・周囲に刺激を与え,協力できる人物を採用せよ。独りで仕事をしたがる人物は採用してはならない

・何かを人に伝えたいと思ったら,たいてい20回は繰り返す必要がある。だからリーダーは常に「コミュニケーション過剰」であるべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴルフ再開 | トップ | 弁護士の自己評価 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。