金榮山徳正寺住職のトラ・バスの香り

阿弥陀さまとクルマとE.YAZAWAとSTARDUST REVUEをこよなく愛する住職がつぶやく日常

貰ってくれる人がいたんだ

2016年09月15日 19時18分52秒 | 日々あれこれ
T叔父さんが笑っているようです・・・


ニュースを観ていると
幼児の虐待が増えているという。

最近、こんなんばっかりだよな~・・・

いろいろあるんだろうと思うのですが
最悪の状態です。

どうする、さあ、どうする・・・


SDRのライブDVD。
繰り返し巻き返し観ては聴いては楽しんでいます。

それに付いているおまけ映像、
坊守と観ながら大爆笑、

面白い人たちだよな~・・・

もの凄く楽しく優しい雰囲気。
作ったものでなく自然な空気。
仲がいいって気持ちいいですよね。

そのまんまが歌になっているので惹かれるのでしょう、きっと。


仲良さそうな母子がお参りになられました。
高齢のお母さんに寄り添うように
優しくお嬢さんが座ります。

話の流れで3年程前にお嬢さんが結婚をされたと聞きました。
「それはそれはおめでとうございます!」
「ありがとうございます。
 T叔父さんに言われそうです、「お前でも貰ってくれる人がいたか!」って。」

後々、お味わいさせていただくのに
T叔父さんを通して自分を見られるのですね、って。

チラチラ見え隠れするホンマのコイツ、
恐ろしきコイツの有り様は分かっているような気もします。
でも、そんな姿は自分の姿であれど見たくないものです。

しかし、ご縁に触れて阿弥陀さまを前にするとき、
見たくない自分のホンマが問題になるのでしょう。

「よう参ったね!」って優しく微笑むその温もりに
こんなコイツでも参らせていただきましたって。

この手を合わしお念仏申させていただきました・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お腹いっぱい! | トップ | 穴惑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。