金榮山徳正寺住職のトラ・バスの香り

阿弥陀さまとクルマと矢沢永吉とSDRをこよなく愛する住職がつぶやく日常

子どもの声

2016年10月14日 15時46分42秒 | 日々あれこれ
ワ~、キャ~・・・


どうも三門の壁にいる鳥の瓦にリボンがかかっているのでしょう。
「A先生、いますか?」って、寺子屋さん。

昨日から出張しているので連続空振りの子どもたち。

優しい微笑みに
温かな温もりに触れたくて来るのでしょう。

応対に出たのがコイツなものですからガックシの顔。
でも、以前はピンポンダッシュして立ち去っていたのに
そこに居ましたから・・・
コイツにもチットは慣れてくれたのでしょうか。

秋祭りで早く学校が終わったのでしょうか、
寺子屋でするつもりだった宿題も
家で済ませ(?)
珍しく境内で子どもたちだけで遊んでいる様子。

楽しそうな声が聞こえてきます。

「お寺で遊ぶ?」なんて相談したのでしょうか・・・
それだけで坊守が参りやすいように縁になってくださっているのでしょう。

きっと、阿弥陀さまもよろこんで一緒に遊んでおられるのでしょう。


先日のこと、
宇和島組の研修会ではありませんが、
こうやって門徒であろうがなかろうが
子どもであろうが老いていようが
阿弥陀さまと一緒にいれることを感じる今をいただきたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうなってるの | トップ | お気に入り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。