金榮山徳正寺住職のトラ・バスの香り

阿弥陀さまとクルマとE.YAZAWAとSTARDUST REVUEをこよなく愛する住職がつぶやく日常

お寺が

2017年06月15日 19時40分13秒 | 日々あれこれ
そういう人もいてくれる・・・


葬式=仏教、
葬式仏教になり寺への意識も変わっていったんでしょうね。
そのことに大きな批判も受ける昨今。

本来、仏さまのみ教えを聞かせていただき
仏に成れる身であることに気付く教えなのに・・・

でも、この現代において
そのみ教えを聞く場を仕立て案内していくことの大変さ。
葬式・法事は勿論のこと
何もかもすべて簡単に、簡単にって言われる時代。
こんな時代の中でこの一座を設けるために
葬式仏教と言われようとも
簡単に勤めてくれっていわれようとも
そのひと時を、
たとえカッタルク座られるひと時でも
コイツなりに精一杯お勤めさせていただき
ご門徒にお力をいただいています。

お陰で、
やっと・・・
やっとでこの一座のご縁をいただいています。


今日、最近総代になって下さったY兄ちゃんが
沢山の紫陽花を持って来て下さったとのこと。

大小それぞれにきれいな輝きを放つ花々。

応対に出ていた坊守に、
「お寺がよろこぶからな持ってきたんよ!」って仰って下さったとか。

うれしいね・・・
そうやって支えて下さるお方もいて下さるって
坊守と2人でよろこばせていただいたことです。

夕方のお荘厳の時にお飾りさせていただきました。

阿弥陀さまに向かうと一緒に微笑んでおられるよう、
「きれいなお花をいただいてよかったね!」って。

「お寺がよろこぶ」

阿弥陀さまのお顔を間近に拝ませていただきながら
阿弥陀さまも親鸞さまも
コイツも坊守も
そして、お参りなられたご門徒も
みんな、み~んなよろこぶってお味わいさせていただきました。

お寺はみんなのものですから・・・
みんながよろこぶお浄土を感じさせていただくところですから・・・


紫陽花の花を見つつ、
一つとして同じ花はないのに
寄り添い、支え合い、ま~るく咲くよな~・・・

以前、娘が満開の桜花を見つつ言った言葉。
「ま~るく咲く」

ま~るく咲いていますか?


明日は、常例法座です。
今月も何とか、何とかお勤めさせていただけそうです。

どうぞ、お誘い合わせの上お参り下さい。
そして一緒にお浄土のお荘厳にならせていただけることを
よろこばせていただきましょう。


徳正寺常例法座

時、10時~
お勤め、正信偈
法話、坊守・住職
お斎、一緒にお腹いっぱい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 息子の薫り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。