金榮山徳正寺住職のトラ・バスの香り

阿弥陀さまとクルマとE.YAZAWAとSTARDUST REVUEをこよなく愛する住職がつぶやく日常

リピート

2017年06月17日 18時26分53秒 | 日々あれこれ
この胸で泣けばいい・・・


この生のうちに何度も何度も繰り返すしんどさ。
崩れそうになるようなひと時を
お互いに支え合いながら生き抜くのでしょう。

辛くて流れる涙をこらえながら
一生懸命の笑顔に変えて
支え生きるのでしょう。

もう何年・・・

火葬場の炉の前で崩れた兄妹3人。
年老いた母を見送りつつ
それぞれに思う心は
まだ一緒にいたかった・・・なのでしょうか、
まだ何かできたんじゃないのか・・・なのでしょうか、

その時の想いを聞くこともなく今に至っています。

逃れ難き老病死を突き付けられて
でも、やっぱりそれぞれが背中擦り合っていて
その辛き思いを共有し立ち上がられました。

寄り添える、
安心して泣ける胸があるって幸せなことなんでしょう。


今日のバリの中では、
先日、坊守がハードディスクの中に数枚録音してくれた
初めて聞くCDを聞きました。

勿論、stardust revue。

聞き始めて数曲目でしたでしょうか、
どこか懐かしく、聞き覚えがあるような曲。
思いっきりコイツの好きな曲調、

これはリピートでしょう・・・

繰り返し巻き返しこの曲ばかり。
ボエ~って詩の中に入り込みたかったのですが
運転しながらッていうのは建前で
最近、全然頭に入らないのです、何もかも・・・
そんな状態ですから
曲の情景すら思い浮かびません。

それでもリピート・・・

こんなに入り込むのは
今でも大好きですけどユーミンの薫りがするからでしょうか・・・


この曲のように
辛さを一人で抱え込まなくても
この胸で安心して泣いていいんだよって

涙も枯れるほど・・・
疲れて眠るほど・・・

なんて言えればいいんでしょうけど
コイツにはそんな度量もなければ
そんな生き方もできない恥ずかしさ。

それどころか
背中を擦られ勇気づけられてばかり。


申し訳ない・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子の薫り | トップ | 小っちゃいよな~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。