つまがリズム

きままな、ひとりごと

世界を操る支配者の正体、を読んでメモ(2)

2016年10月12日 | 読書感想
平成28年10月12日(水)

世界を操る支配者の正体
馬渕睦夫 著
を読んで メモ

アメリカンジョーク
「アメリカにおいては大統領になるより大統領候補になるほうが難しい」

その意味
大統領予備選挙では、まずお金がかかる。
どれだけ献金を集められるかが決め手となる
また、メディアにスクリーニングされる。メディアが候補者の過去の行状を
批判的に報じれば生き残ることはできない。

つまり、資金とメディアを支配している勢力が大統領候補を決めていて、
このようにして選出された両党の大統領候補は、どちらが大統領になっても、
彼らにとって大きな違いはない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界を操る支配者の正体、を... | トップ | 世界を操る支配者の正体、を... »