つまがリズム

きままな、ひとりごと

神経クリーニング 1

2017年05月16日 | 読書感想
平成29年5月16日(火)

病気にならない~神経クリーニング~
工藤千秋 著
を、読んでのメモ
******************************
① 「神経」は「脳」からの指令を「全身」に伝えている。
    ↓
   ○「脳トレ」をしても神経が老いていたら活性化しない。
   ○ 脳の悩みだけでなく、体の病気や心の病気に神経が関係している。

② 若い神経と老いた神経の違い
    ミエリン(髄鞘)の巻き方
   (若い細胞)ミエリンがしっかりまかれている
   (老いた細胞)ミエリンが溶け出している
    ※ミエリンが溶けきってしまうと多発性硬化症になるおそれあり。
    ※ミエリンは電気を通さない性質の脂肪の膜。
   
   悪い姿勢で神経が圧迫される
     ↓
   神経にうまく電気信号が流れない。
     ↓
   神経がさびついたり、神経に酸素が足りなくなる
     ↓
   ミエリンが溶ける
     ↓
   電気信号の流れが悪くなる。
     電気が「つまる」「もれる」「流れすぎる」
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池劇場(証人喚問) | トップ | 神経クリーニング 2 »