つまがリズム

きままな、ひとりごと

世界を操るグローバリズムの洗脳を解く (5)

2016年10月19日 | 読書感想
平成28年10月19日(水)

世界を操るグローバリズムの洗脳を解く
馬淵睦夫 著
2015年12月 初版
を、読んでメモ
***************************
ヒトラーの資金源

ヒトラーに資金援助を行って政権を取らせたのは、
英米の資本家たちであり、彼らと意を通じていたドイツの財閥であった。

例えば、
ブッシュ大統領の祖父のプレスコット・ブッシュ、
ユダヤ人銀行家ポール・ウォーバーグやヤコブ・シフなど。
ドイツにあっては、ポール・ウォーバーグの実兄のマックス・ワールブルックやオッペンハイム男爵などのユダヤ財閥。
さらにはドイツにおける化学産業や鉄鋼業の雄であるIGファルベンのヘルマン・シュミッツ会長などが、
スタンダード石油(ロスチャイルド家)や帝国化学工業(ロスチャイルド家)の援助を受けながらヒトラーを支援した。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界を操るグローバリズムの... | トップ | 世界を操るグローバリズムの... »