つまがリズム

きままな、ひとりごと

世界を操るグローバリズムの洗脳を解く (6)

2016年10月19日 | 読書感想
平成28年10月19日(水)

世界を操るグローバリズムの洗脳を解く
馬淵睦夫 著
2015年12月 初版
を、読んでメモ
***************************
財政難のヒトラーは、なぜアウトバーンをつくれたのか?

① ベルサイユ講和条約で天文学的な賠償金を課せられたドイツは、
ハイパーインフレで疲弊していた。

② ヒトラーは、アウトバーンをドイツ全土に張りめぐらせるなど
ドイツ人の福利を向上させるプロジェクトに資金を提供して、
短期間のうちにドイツをヨーロッパで最も豊かな国に躍進させた。

③ ヒトラーはドイツ国民の強い支持を受けた。

④ その資金は?

⑤ 互いの国家に必要な物資を交換することで、双方が債務を負うことなく経済活動ができる
ヒトラー独自の経済システムを構築した。
(=国際銀行家が発行する通過を使用しないバーター貿易)

⑥ これを許せない人たちがいた・・・





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界を操るグローバリズムの... | トップ | 10万年後・・・ »