つまがリズム

きままな、ひとりごと

神経クリーニング 2

2017年05月16日 | 読書感想
平成29年5月16日(火)

病気にならない~神経クリーニング~
工藤千秋 著
を、読んでのメモ
******************************
神経を若返らす神経クリーニング方

①顔もみ
 顔にはたくさんの神経が集中しているので効果的
  ○顔をつまんだりもんだりする
  ○歯磨きの時に30秒だけ歯茎を磨くことも効果あり

②姿勢を正す
  
  ○洗濯や料理は「かかと立ち」でする
    「つま先立ち」・・・すねの筋肉をのばす
    「かかと立ち」・・・ふくらはぎ(第二の心臓)のストレッチ
  ○『食事』を大切にする
     食事ほど五感をフルに使って神経を鍛えられる。
     口に入れる前に姿勢を正し深呼吸して、料理を堪能する習慣をつける。
  ○寝るときの姿勢に気をつける
     低めの枕を深く入れて、首がまっすぐ伸びた状態にする。
     ヒザ・腰・首のところに「3つの山」ができるのがベスト
     したがって、無理な姿勢でのうたたねはNG
  ○トイレのなかで「考える人」になる
     10秒「考える人」のポーズ→ 5秒背中を伸ばして深呼吸「考えない人」のポーズ→ 繰り返し 
      
 
 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神経クリーニング 1 | トップ | 話題の北朝鮮 »