息子の小学校は脱皮中~ホワイトPTA目指して~

PTA問題に目覚めてしまい活動中

在住市の平成28年度情報公開・個人情報保護制度の運用状況

2017-06-18 22:02:08 | 個人情報保護法関係
KKです。
学校回りがゴタついていました。
一応終息したのでしょうが、
納得していない保護者は私以外にも
います。
多分次に何かあったらそれなりの
保護者が行動すると思います。
今は様子を見ています。
もし再び問題が発覚したら、
次はありません。
逃げられないようにきっちり準備
します。


さて、気分を変えたいと思います。
在住市では市報を毎月発行します。
『平成28年度情報公開・個人情報
保護制度の運用状況』

の報告がありました。

・情報公開制度   
 市が保有している公文書を、市民からの請求
 に応じて公開する制度。

・個人情報保護制度
 市が保有する個人情報を適切に取り扱う
 ための基本事項を定め、自分の個人情報
 を確認、情報の誤りを訂正したりする
 権利などを明らかにする制度。



情報公開制度のしくみ



実施機関別内訳一覧表もあります。
私が注目したのは教育委員会で請求が
あった件数です。
昨年私も情報公開室に行き、公文書
公開請求書を提出しました。

小学校が保護者あてに発行した
『授業参観と懇談会の案内文』
についてです。

回答は、『公文書不存在』。
最初から分かってましたけどね(笑)。

内訳を見ると教育委員会に情報公開
請求された件数は全体からすると
10%です。
市長の事務部局が突出していて、
その次が教育委員会でした。
教育委員会あてで公開請求されて
公文書不存在のため公開できなかった
のが3%。
KKの請求はその3%にあります。

公文書不存在に於いての教育委員会の
割合は20%強でした。
市長の事務部局が約70%です。

請求件数からすると公文書不存在で
公開できなかったのは1.5%でした。
不服申し立てがなかったと報告され
ています。
当地の情報公開室は頑張っている
のだと感じました。

話は変わって、
校長とPTA会長による連名の
案内文が懲りずにまた配布
されました。
仕方ないからまた今年も公文書
公開請求しようかと思います。

2年連続でやり続けるその神経が
一向に分かりません。
あの人、何考えてるんだろうか…。
今年は請求規模を変えてしようかと
思います。

今回はここまで。
では、次回!

【6月25日追記】
在住県と県内市町村の情報公開度が
発表されました。
1位が複数あり、県といくつかの市。
KK在住市は昨年1位から転落(笑)。
僅差でした。
よそが頑張ったからいいかな、と
思います。
下位の市町村は、情報公開の請求権を
在住の市町民限定。
また交際費や議会の会議録をホーム
ページに掲載しないなど透明性に
課題があるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 校長に電話してみた | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL