Gomaler's~神社仏閣巡り~癒しを求めてII

主に関西の神社仏閣巡りと御朱印集めが趣味です。

大吉寺(2017年6月17日参拝)

2017年07月10日 | びわ湖百八霊場
三輪神社阿弥陀堂から超絶危険な酷道546号線をUターンし、
普通の道である277号線と265号線を走り大吉寺へ。

大吉寺とは縁起の良い名前のお寺ですね。(^^

それにこのお寺は一般には無名ですが、
あの源頼朝が一時匿われた有力寺院だったそうです。


所在地:滋賀県長浜市野瀬町217
宗派:天台宗山門派
御本尊:聖観世音場札
創建:貞観7年(865)
開山:安然上人
開基:浅井治家
札所:びわ湖百八霊場、近江湖北二十七名刹霊場


【縁起】
天智天皇の御代に近江国愛知川に観音様に似た浮木があり、
見ずに流れて湖に入り百年余りに及んだ桓武天皇の御代、
勅願を得て一寺を建立して天吉寺の号を賜う。

その後、大同2年(807)大洪水により堂宇を悉く流出し、
像は高島に流れついた土地の豪族浅井治家は子供が無かったので、
願を立てこの像を崇拝し、やがて男児を授かった。

この為、浅井治家は師壇の関係にあった比叡山の僧・安然上人と協力の上、
妻の出生地浅井郡草野庄に貞観7年(865)に大吉寺を建立した。

平安末期京都での源平合戦により源氏の敗北となり、
一族の東国落ちに際して一行から逸れた13歳の頼朝は、
草野定康の助けにより大吉寺に難を逃れた。

やがて天下は治まり大吉寺は頼朝により堂宇が再建。

室町時代には幕府の祈祷寺として保護を受けていたが、
しかし戦国の世になると大永5年(1525)の六角定頼の兵火や、
小谷城を援護していた大吉寺は、元亀3年(1572)敵対する織田信長の兵火により、
47坊が悉く焼き討ちに遭い衰退。

現在も焼き討ちにあった当時の遺構が大吉寺跡として残っている。

創建当時の堂宇は天吉寺山の山頂付近に造営されており、
本堂跡、門跡、塔跡、鐘楼跡や覚道上人入定窟、閼伽池と石階を見ることが出来、
更に本堂に至る山道の所々に堂宇が建立されていたと推定される平坦部がある。

現在の大吉寺は麓の一院の跡に山門、本堂、庫裏が建立され、
法灯を受け継いでいる。


【参道】


細い道を通り参道入口に到着。

どう見ても暫く人が通った形跡が無い。(^^;

車を停めれるスペースはあるが、
上に駐車場がある事を願って狭い道を進むと、
私の願いが叶い無料駐車場がありました。(^^


【大吉寺橋】



【安然上人堂】





【供養塔】



【山門】


普通山門をくぐると本堂があるものですが、
ここには庫裏しかありませんでした。

案内図によると上に本堂があります。


【十三重石塔】



【石段】


結構しんどい石段です。


【本堂】


本堂拝観は基本的に事前予約が必要ですが、
御住職が居てお願いすれば拝観させていただけるとか。

御本尊は60年に一度の御開扉で次回は2049年になるということで、
御本尊を拝めないのであれば、無理して事前予約しませんでした。

御住職が居て拝観させてくれたらラッキー程度と、
意識低い系で訪れたので、御住職はやっぱり御不在でした。


【御前立】


画像はネットで拾ったものです。

不謹慎な書き方をすると御前立は所謂御本尊のコピー。

参拝者も御前立は本物じゃないよね?的に思われる方も多いと思う。

御前立は不憫な仏様である。


【案内図】


案内図を見ると山頂近くに伽藍跡がある。

しかし、伽藍跡に行く道が整備されておらず荒れている。

これはどう考えても苦労してガッカリというパターン。

行きたいという衝動が全く湧かないのよね。

現に他のブログを見ても伽藍跡にまで行ってる人は滅多にいない。


しかし、「がらくた置場」様のブログには伽藍跡の写真や情報等、
詳しく書かれていますので興味がある方は是非。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/hoso_daikitiji.htm


【御朱印】


庫裏の玄関が開いていたけど御不在。

しかし玄関先に書置きの御朱印が置いてありましたので、
300円を置いて拝受しました。

それにしても田舎のお寺は鍵をかけずに留守してるとこが多い。

いつも心配するが大丈夫なんだろうか。(^^;


【御多念】


先着で無料でいただけました。

ありがたいですね。(^^
『滋賀県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三輪神社阿弥陀堂(2017年6月... | トップ | 上之森神社<日吉神社>(201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

びわ湖百八霊場」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL