社会に疎まれて生きづらい

なんとか普通のふりして生きてるけど普通じゃない人のブログ、気持ちの吐露場を持たせてください

なぜ親に感謝しなくてはいけないのか

2017-05-12 22:48:46 | 日記
小学生の頃、あなたにとって家族とは?と作文を書いたとき、友達に、ゆぅちゃん寂しいこと書いてるねって言われました。
あ、わたしゆぅちゃんって呼ばれてました。
「血縁関係があって同じ屋根の下でご飯食べたり寝る人」
そこで筆が止まってました。筆というか鉛筆。細かいですね。

私の両親は人から好かれるタイプで、私にもよくしてくれてました。
だから家族をテーマに熱い文章を書けても良さそうなのに、感謝の念を全く書けず、クラスメイトの文章を参考に、慌てて書き直しました。

道徳の教科書にありそうな文章を皆は書けるのに、私はおかしいのかもしれないと思いました。

実は大人になった現在も、親によくして貰った事実はあれど、感謝の念が持てず、これを言ってしまえば社会の嫌われ者だと強く感じます。

私は結婚もしたくなく、子供も要りません。
一人で死ぬのも嫌ではなく、他の動物みたいに人間も死んで良いのでは?と思います。
川で溺れて死んでしまい、肉体はカラスについばまれながら、下流では肉体がぼろ雑巾のようになる‥ここまでの想像を毎夜して、心静かに眠りにつきます。
‥川の流れの音も一緒に感じるからかもしれませんね。

ところで親が子供を作るのは何故でしょう?
出来てしまったとか、作りたくなったからって理由の他に、老後の面倒を見て貰いたい、世間体があるでしょうか?
子供は生まれる前は当然いないので、私を産んでくださいと依頼したわけでないですし、やはり全面的に親に理由がありますよね。

そして日本では、いや世界で見ても、親を大事にしましょうと言われますね。
産んでくれたことに感謝しましょうと。

私は生きていたいと感じません。
死が訪れるまで生きているだけです。
こんな考えを持ってるのは誰にも内緒です。
ここだけの秘密にしてください。

なぜかって、価値観が違う人の話を聞かされると普通人は苦痛を感じて、ショックも受けますものね。
もしも私の文章が気持ち悪く感じたら、すぐに読むのを止めてください。
心を乱してまですることではありません。
まるで汚物が詰まったビニール袋に頭を突っ込んで、匂いを一生懸命嗅いでいるような汚らしい行為です。
是非、止めてください。
言うまでも無いですが、ネットの文章はそれくらいの気持ちで向き合うのが常識ですね。

話がそれてしまいましたが、生きることに積極的に喜びを感じないから、親に感謝する気持ちにピンと来ないのですね。

あるネットの文章で、共感したのですが、親のありがたみって結局お金のありがたみってありました。
随分はっきり言ったなぁと思いましたが、納得しました。
実際莫大なお金かかってますよね。
そして親でもなかったら誰も生産能力の無い子供にお金をあげません。
だから宝くじが仮に当たったら、全部親にあげるべきですね。
感謝というか、これで勘弁してくださいってことです。

親が子供に感謝する方が当然じゃないか?との意見もあります。
私は親に期待してないので、感謝も要りません。
それに私が感謝できないのに、他人には求めるって最低ですよね。
でも、世の中にはそのように考えている人もいるのですね。

親になったら、親に感謝する気持ちが分かるって言われます。
私は残念ながら子供は要らないので、分からないまま終わりそうです。

しかし、一つ言えるのは親子と言っても他人。
だから本音をばらすことなく、遠慮しあって生きていれば大きな衝突は避けられるのではないでしょうか。
そして全く違う考えでも子供の立場上、親に合わせた意見を述べるのがよいですね。
‥‥実は私は本音がバレてしまって、失敗したことがあるので、親の考えに、思っていなくても同調しておくことをお勧めします。
何故自分を抑えてまで親に合わせるかと言うと、先ほど述べたように莫大なお金がかかっている事実があるからです。
その時点で、子供の立場は不利なのです。勝てっこありません。
無用な争いで心が乱されるより、一時的に我慢をする方が賢いと思います。
世間も親に当然味方しますからね。反逆者の子供に理解を示す人は希少です。
自分が家を出るまでは、同調しましょう。
話したくないときは体調がよくないと言い、逃げましょう。
あと出来ればですます口調で話しましょう。
昔は親は子にさん付けて話し、子は親に様を付けてたそうですよ。
常に距離感を大事に‥‥

この生きづらい世界をなるべく心穏やかに生きたいと思っています。
親に感謝するはできなくても、なるべく嫌な思いはしたくないです。
さもしい人で済みません。
失礼。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 自分が何より正しいと思って... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。