お酒のブログ~スタッフ日記

酒屋のスタッフたちが、山梨県のワイナリー訪問記、ワインに関するお話、そのほかお酒に関するアレコレを書いています。

茅ヶ岳 白 発売

2017-05-19 17:58:07 | 新商品インプレッション

中央葡萄酒(勝沼)から、茅ヶ岳の白ワインの2016年が発売です。

甲州種の量が少ないため、2015年は半年ほど、欠品していました。

白の辛口です。

その裏ラベルには、茅ヶ岳の案内で日本百名山の著者深田久弥氏が最後を遂げた山という一文があります。

中央葡萄酒の明野農場は、茅ヶ岳の麓に在り、ひまわり畑が有名な所です。

甲州種の栽培を、従来の棚栽培でなく、海外で主流の垣根でしています。

棚栽培に比べ、収穫量は落ちますが、凝縮された良い甲州種が出来るとの事。

2016年ビンテージは、200円ほど値上げされ、2376円になります。

中央葡萄酒のワインは、毎年のように値上げされますが、日本のワインが儲からないため、強い決意を持って、値上げされているようです。

日本のワイナリーの価格を調べると、老舗ワイナリーのワインは安く、新設ワイナリーは高い傾向にあります。

老舗ワイナリーは、昔からの安い価格がベースにあるため、今でも安く設定され、新設ワイナリーは利益を初めから出す計算で価格設定されているので、価格が高くなる傾向があります。

中央葡萄酒は、老舗ワイナリーなので、ベースの価格が安く、栽培農家やワイナリー、流通販売業者がしっかり利益を取れる水準まで価格を上げようとしています。

特に栽培農家が、継続して栽培できる価格にすることを主張しています。

毎年価格が上がるので、批判意見もあるでしょうが、その強い決意は尊敬します。

http://www.hamamatsuya.jp/wine-list3.htm#chuo

 

ジャンル:
お酒・お茶
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャトレーゼ 等々力甲州 ... | トップ | シャルマンワイン 一升瓶ワ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む