ウィンドサーファーの農業実験室

めだか、ユニサイクルに目覚めたウィンドサーフィンヤロウ(まっちゃん)の物語!
最近は野菜作りにも力を入れています。

7月9日(日) 瞬殺 ヤビツ峠 (^^;)

2017年07月14日 23時29分33秒 | ランニング
この日は朝、5時に起きて、ストレッチを行い、朝食を食べ、6:20の電車に乗るため
家を出る。


この日は静岡県側は曇り後雨の予報が、晴れほとんどうす曇りの天気にかわっていたが
富士山は見えず。
予報が変わったことで、日曜日もウィンドできるだけに、
まったく僕がヤビツに行くときはいつも、いい天気過ぎる。


休みの早朝はガランとしたJRのホーム。
この日は6:20の電車に乗る人は20人たらず。
まさにローカル線の旅って感じ。

7:55に秦野駅に着く。

2度目のトライだったので、前回、水不足に苦しんだので、この日は多目のお茶やジュースを2.5L積載の
コンビニおにぎり3個、メロンパン1個に後はキャンディーを2袋。

少しリュックもパンパンながら、僕らのヤビツ峠は、前半しかお店がないコースなので
荷物が多目になってしまう。

この日の参加者は僕を含めて5名。

みんな早い人ばかりで、気を抜けない。

特にG木田君やY田さんは、水練でぼくの前を常に走る強者。
更に主催者のO高さんは、前回もヤビツでぼくを徹底的にやっててくれただけに、
今日もO高さんマークで行くつもり。

G木田君やY田さんには最初からライバル心もなかったです(^^;)

このメンバーでは自然とペースがあがり、最初からジョグのはずが、
結構なペース。
更に坂道になるといっきにペースが上がって、みんなから大きく離される。
O高さんマークが全然、ついていけない自分にアセリを感じる。


最初の葦毛の休憩所では、元気だったのですが、既に汗ダクダク。

前日の本栖湖に続いて、この日も酷い日になりそう。

ここからがヤビツ峠の本番。
ずっと上りが続く。


菜の花台に到着。
もう、ここまで上るのに、途中歩いてました。(^^;)
皆についていけません。


このメンバー凄すぎ~。

菜の花台も出発。


ヤビツ峠に到着。

ここに来るときもどこまで上っていくのか、感覚がつかめず、残り数百メートル歩いてしまった。
あとちょっとって分かっていたら、走り切れる距離だったので、少し残念。

ここまでくると、後はアップダウンのコースが続くので、下りなら、荷物の負担も少なく
行けそう。

ここでジュースを買い、500mLを一気飲み。

それだけ天気も良く、汗がだらだら出る。



まずはここからの下り坂を一気に下って、ヤビツ峠の名水(ただの湧水)を飲むつもりでおり始める。

しかし、ここを少し走ったところで、大腿四頭筋がツル事件が。
場所はヒザの上の筋肉で、ほぼ、同時に両足に発生した。

こんなところがツルのは人生初。

僕も冷静になれない。

終わった感が半端ない。

痛くて、足の屈伸もできない。

ヤバイ。

みんなも僕の様子を気遣って、待っていてくれる。

やっとの思いで足を屈伸して、痛みを軽減しようとしたら、今度はフクラハギがツッた。

色々とやって、時間を置いたら、走れるようになったので、また、下り始める。
少しゆっくり目に走るが、直ぐにまた、大腿四頭筋がツル。

もう、名水はあきらめ、皆にも迷惑をかけられないので、途中棄権をすることにする。
凄く情けなく、悔しい思いが一杯だが、この先、電波も届かない、バスもお店もないコースを
走り切ることは不可能と思う。

僕が2度目のツルっている状況を見て、O高さんが、
「ヤビツ峠まで戻ればバスに乗れます。」とアドバイスをくれた。
まだ、ヤビツ峠から降り始めたばかりだから、ある意味、諦め安い位置。

これが、昼食後だったら、行くも、戻るも超~大変。

まだ、ここでトラブったのは運がいいと思うしかない。


コース全体と、アカ〇の位置がほぼ、僕が諦めた位置。
まだ、半分の手前だし、ヤビツ峠はすぐそば。
ここなら、戻る選択が、普通に正しいって、地図を思い浮かべて、自分に言い聞かせた。
ここから数kmいったところだと中間点なので、どちらも同じような距離になる。
それも考えると、いい位置でトラブったと思う。

僕は独り、トボトボとヤビツ峠に向けて、歩きだす。

もう走る必要はない。バスに乗って帰るだけ。

なんか1日を無駄にした気分。
こんなことなら、ウィンドに行くべきだった...
などと思った。

ヤビツ峠に向かう途中も、3度目の足がツリ。
このときが一番痛かったし、復旧に時間がかかり、
もしかして痛みが引かないかも?って
超~弱きになった。

でも、ヤビツ峠までは自分の力で帰らないと、誰も助けてくれない。

時間をかけ、痛みが引くのを必死に願った。

なんとか痛みが引いたので歩きだし、ヤビツ峠が見えたときには、助かったって
安心した。

これで帰れるって思ったが、次のバスは13:51
今の時間は11:00。
3時間も待たないとならない。
3時間と言えば、僕がフルマラソンを走り切れる時間とあまり、かわらない。
どうする?

スマホをみると、15.7km(秦野駅から折り返しを含めての距離)となっていて、
コースがずっと下りであることも考えると、歩いて帰れそう。

でも、そんなことを考えているときに、また、足がツル。
しかも、椅子に腰かけて、休憩しているときに発生したので、
周りの人は何しているみたいな、感じに感じるだろうが、
こちらは必死。

大腿四頭筋のツル感覚は4度目ともなると
慣れて来る。

痛みが去った後、少し、ヤビツ峠を見て回る。

バイク(自転車)で来ている人がここでバイクと一緒に写真を撮っていたので、
僕も、記念にパシャ。

さあ、バスと競争です。
どちらが秦野駅に先につくか。

ヤビツ峠から菜の花台までは、超~丁寧に降りたため、1時間もかかった。
ヤビツ峠と菜の花台ってこんなに遠かった?って、感じた。

今までは見たことの無い、景色を楽しみながらハイキング気分になっていたが、
さすがにこの間、1時間は、ちょっぴり驚いた。

バスに抜かれたくないので、菜の花台から葦毛までは少しペースを上げながら降りていく。

まあ、この区間は急な上りだったので、下りは、逆に急な下りになるので、自然に早歩きになる。
お腹がすいたので、途中、おにぎりを食べながら降りてきた。

葦毛の休憩所に戻ると、秦野駅行の折り返しバスが止まっていたが、
ここまで来ると、秦野まで4㎞位。
歩いても1時間位だし、ヤビツ峠に向かうバスはまだ、上ってきていないので、
駅まで歩くことにした。

葦毛を少し降りたところの100円自動販売機のところで、ジュースを買い。
グビグビと冷たいジュースを堪能していたら、上から走って降りて来る人がいて、
ここで、僕と同じく、ジュースを買って、少し口に含むと、また走り出した。

なんか、差を付けれらてた感じがした。

しばらくボ~っと彼を眺めていたが、走れるか、どうか分からないが、
足を早目に屈伸して、なんかイタミが消えているような気がしたので、
下り坂の地球の引力を利用して、軽く走りだし、
痛くならないことを確認し、前のランナーを追い始める。

200m位走ったところで、普段のスピードに近い速度まで上げてみる。
秦野駅まで、完走できるスピード。

このスピードが出せると、さっき、抜かれたランナーもどんどん近づき、
あっさり抜き返す。

そして、そのまま、夏の真昼間の秦野の街を走り抜け、秦野駅まで戻ってきた。
13時位だった。

O高さん達もGoolに到着したとの連絡を受け、予定より2,3時間早い。
メチャクチャなハイペース。

凄すぎて、一緒に行けるわけないなって、ある意味、脱帽。

あまりにみんなが、凄すぎて、途中棄権して良かったと思う。

帰宅して今回はメンツが悪かったから、完走できなかったのかな?とも思ったが
良く考えてみたら、前日のウィンドがまずかった。

1.新セイルを試すために全開ウィンドで、体中疲弊した。
  乗っているときは気にならないが、完プレで、走るため
  体中の筋肉を使っていたはず。
  特に足を酷使していたはずだ。

2.本栖湖とは言え、この7月にフルスーツはやっぱり暑い。
  脱水症状になった。

これがなければ、完走できたかもしれない。

まあ、これもやってみないと、分からないね。
言い訳ですね...

くやし~い~。

明日(土曜日)は近所のお祭り。
御神輿を担ぎます。

明後日は本栖湖でキャンプ。

海の日は… 海に行くかなか~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月8日(土) 本栖湖 6.5m2... | トップ | 7月16日(日) 本栖湖 ノー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。