東久留米 学習塾 塾長ブログ

東京都東久留米市滝山の個別指導型学習塾「学研CAIスクール 東久留米滝山校」塾長白井精一郎のブログ

“It seems that ~”

2017-06-10 11:13:48 | 英語の話
こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

先日高校生の塾生に “S seem(s) to be C.” と “It seems that S is C.” の違いについて質問されました。

“It seems taht~” は、that節の内容が話し手にとって不確かである場合や、確かでも丁寧に言いたい場合に用い、例えば、
“It seems that she is angry.”
と 
“She seems to be angry.”
を比べると、後者は彼女が怒っていることにある程度確信がある発言になります。(前者は、that節にある分だけ間接的な感じですね)

ついでに、“seem” のように補語を取り「~のようだ」という意味を表す動詞には、“appear” や “look” がありますが、これらの違いは、
・seem    話し手の主に主観的な判断で「~と思われる」ことを表す
・appear  seem よりフォーマルな語で、主に客観的判断から「そう見える」を表す
・look    外見から見て「~のように見える」ことを表す
です。

東久留米の学習塾学研CAIスクール 東久留米滝山校
http://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「数式に憑かれたインドの数... | トップ | 測定値の計算 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL