東久留米 学習塾 塾長ブログ

東京都東久留米市滝山の個別指導型学習塾「学研CAIスクール 東久留米滝山校」塾長白井精一郎のブログ

「軽い」単語 much

2017-07-06 12:21:06 | 英語の話
こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

英語の文法書に、「many と much はおもに疑問文と否定文で用いられる」 とあり、例えば 「表現のための実践ロイヤル英文法」 には、最初から唐突に(相手からの質問に答えるのではなく)
I have many friends living in England. (私にはイギリスに住んでいる友達がたくさんいる)
と言うと、いささか不自然に感じられる、とあります。

これについて 「一億人の英文法」(大西泰斗著)には、
「 much が肯定文で使いづらいのは、『インパクト』が足りないから」
と説明しています。

ネイティブにとって much はとても「軽い」単語で、
We had much rain yesterday.
では、話し手は「たくさんだよ」を表現したいのに much のような4文字の軽い単語を使うことに違和感があるそうです。

ただし、 very much 、 so much 、 too much のように強調語がつけば、「たくさん」 を示す十分な重みが出てくるので、肯定文でも much を使うことができます。

最後に判りやすい例として、
Thank you very much
に対して、
Thank you much
が馴染みないのは、ありがたみがないからだそうです。

「一億人の英文法」 には、このような興味深い話が多く載っていて面白いです。

東久留米の学習塾学研CAIスクール 東久留米滝山校
http://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぞうの肉は食されるのか(公... | トップ | 解法パターンを頭に入れましょう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL