東久留米 学習塾 塾長ブログ

東京都東久留米市滝山の個別指導型学習塾「学研CAIスクール 東久留米滝山校」塾長白井精一郎のブログ

drunken driving のはなし

2017-08-12 10:46:07 | 英語の話
こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

ある高2の塾生が 「ALL IN ONE」(高山英士著) の暗唱をしているのですが、ある例文に a drunken Rick (酔っ払ったリック)という表現がありました。

そこで drunken をウィズダム英語辞典で引いたところ、
形容詞、[通例名詞の前で]酔っ払った、酔っ払っての、」 例えば、「酔っ払い運転」を《英》では drunken driving《主に米》では drunk driving
とあります。

続いて、 drunk を調べてみると、分離複合語(2語以上からなる見出し語)として、
drunk driving 《主に米》飲酒運転《英》drink driving 
と記してあります。

これらをまとめると、
酔っ払い運転
《英》 drunken driving 
飲酒運転
《英》 drink driving /《米》 drunk driving
になるのですが、「英辞郎」を調べると、
drunk driving (米)〔正式には運転者のアルコール濃度が法的限度を超えていること(酒気帯び運転)を意味する。drunken driving は正常な判断ができない酒酔い運転という意味になる」
とあったので、
酔っ払い運転
《英》《米》 drunken driving
飲酒運転
《英》 drink driving /《米》 drunk driving
といった感じでしょうか。

ちなみに、Google books Ngram Viewer で、これらの3つの言葉の使用頻度を調べてみると、
1980年には
drunken driving : drunk driving : drink driving=100 : 74 : 1
と、drunken driving が1番使われていましたが、
2000年には、
drunken driving : drunk driving : drink driving=100 : 392 : 15
と、drunk driving が1位になりました。酔っ払いが少なくなったのか、言葉の使い方が変わったのか判りませんが。

東久留米の学習塾学研CAIスクール 東久留米滝山校
http://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 整数の推理問題(公立中高一... | トップ | 合同な図形で分割して面積を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

英語の話」カテゴリの最新記事