東久留米 学習塾 塾長ブログ

東京都東久留米市滝山の個別指導型学習塾「学研CAIスクール 東久留米滝山校」塾長白井精一郎のブログ

立体図形のはなし

2017-05-18 12:38:01 | 数学・算数の話
こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

小5の塾生が、100点満点だった立体の体積のテストを嬉しそうに見せてくれました。当初、単純な立方体や直方体の体積を求めることはできたのですが、へこんだり飛び出したりした部分がある立体図形については、そのイメージを掴み難かったようです。

このあと、立体図形は小5の終わりに角柱と円柱を勉強し、その後中学校でより詳しく扱うことになります。そして都立高校入試でも出題されるのですが、平均的な中3生はかなり難しく感じるようです。

この原因の一つとして、立体図形に馴染みが薄いことを挙げることができますが、これには下図のように、工作用紙などで実際に立体図形を作ってみるのが効果的です。


▲図.塾生が作った立体図形です

図の立体図形は小4の塾生が作ったもので、左から正四面体、円錐、正四角錐です。このなかでも円錐の工作はなかなか難しいもので、興味がある人は作ってみてください。

東久留米の学習塾学研CAIスクール 東久留米滝山校
http://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「式の計算」に潜む『悪魔』... | トップ | 線分図を描こう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL