東久留米 学習塾 塾長ブログ

東京都東久留米市滝山の個別指導型学習塾「学研CAIスクール 東久留米滝山校」塾長白井精一郎のブログ

ジュニア数学オリンピックの簡単な問題(133)

2017-05-10 13:43:07 | 数学・算数の話
こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

朝から小雨が降ったり止んだりでしたが、昼過ぎには曇りに変わり、教室前の道も乾いてきました。明日は晴れで、気温は今日より10℃近く高い暑い日になるようです。

さて、今回は2003年ジュニア数学オリンピック予選に出題された連立方程式の問題を取り上げます。

問題は、
「次の3つの式をすべてみたすような数x、y、zを求めなさい。
                 y+z=3
               x  +z=4
               x+y  =5   」
です。

最近、少し忙しいので簡単な問題が続きます。

例えば、1と2番目の式をそれぞれ y=3-z と x=4-z とし、これらを3番目の式に代入してつくったzだけの方程式をを解いてもOKですが、ここでは、すべての式の辺々を足し合わせて、
2x+2y+2z=12
x+y+z=6
を導き、これから1、2、3番目の式を引いて、
x=3
y=2
z=1

を求めるのが手間がないかもしれません。


簡単な問題です。

東久留米の学習塾学研CAIスクール 東久留米滝山校
http://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュニア数学オリンピックの... | トップ | 日本数学オリンピックの難し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL