へんないきもの日記

職業「陸上自衛官」から「自由人」へ。最終的に「旅人ライター」を目指す「へんないきもの」のフリーランスな日々・・・!

歴史を探す旅

2013-04-30 07:16:31 | 旅とランニング
今回の走り旅は、日本縦断メンバーが54日間という長い間、退屈しないように当地の歴史スポットなど見所をピツクアツプしてくれ..という大会本部のご意向に沿ってのリサーチだった。

実際は、北海道の地で東海道など歴史の宝庫に匹敵するようなスポットを探すのは難しい。開拓史以来たかだか100年あまりの歴史なのだ。

更に悪い事に、北海道の道を走っていると景色が変わらない。おまけに自治体の合併などで町が大きくなってしまつたものだから、余計に走る者を絶望させることになりかねない。

先日も、いい加減、見飽きた白樺並木をすぎて、突然、北海道にしては珍しい茅葺きの屋根の廃屋が現れた。コレは何かあるかもしれない、そう思って足を止めると、すぐ近くに神社があり、讃岐国より自由を夢見て祖父母がこの地を開墾して70年余..という碑文があった。付近の地名も讃岐..讃岐というと私は讃岐うどんしか思い出さないのだが、果たしてここは香川県からの入植者によつて開拓された地なのだろうか?

いずれにせよ、当時の粗末なすきまだらけの家で粗末な農耕具で大変な苦労をしたのだと思う。そして、私たち道民は、そんな人々の苦労の歴史の上で暮らしているのだということを改めて認識した。

今回の旅で私自身、もっと北海道の歴史を勉強しようと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンガちっくな夜

2013-04-29 06:07:08 | 旅とランニング
本当に、なんともマンガちっくな夜だった...

昨日、小樽の実家を後にした私は、小樽駅横の三角市場や運河倉庫群などの見所スポットを確認し、余市を経て7つのトンネルをくぐり、60km離れた倶知安町に着いた。町のホテルが予約できず、この日の宿はルートの5号線から外れたニセコのスキー場に近い、比羅夫という駅...そう、なんと!駅の2階とホームの横に建てられたログハウスが、宿になっているのだ!

午後7時過ぎ、到着すると既に先客のグループがいた。

大木をくりぬいて造られた湯船につかり、宿泊プランのバーベキユーの夕食..なのだが、炭火の関係上、外で。そう、吹き付ける横風に耐えながら、私はホームに入る列車を横目に一人焼き肉..というシチュエーション(笑)

と、そこへ風呂に行く途中の先客様..ヘエー、走ってるの?スゴイね!で、歳を聞かれ、ヘエー、私と同い年!で、おんなじ小樽だって言うから、まさかおんなじ高校だったりして..って高校の名前を言うと..ね、アタシたち、
同級生..?笑った..!

その後は、一人焼き肉から解放され、駅舎の中のミーティングルーム?で
宴会に混ぜていただいた。

なんと、山登り仲間で、年齢層もバラバラ..ニセコ山系に登る予定が、天候不良のため、急遽ここに宿をとり、山小屋で飲食予定だったモノをここに展開しているのだという。ビールは売り切れだったけど、ワインをいただいた。

山登りの連中、ということでジヤーニーランの話をとても興味深く聞いてくれた。また、同級生の、山で二頭の熊に遭遇した話も聞けた。

今朝は晴れているから、ニセコアンヌプリに登りに行くのだろう..

駅のホームのログハウスにも、快適な朝が訪れた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原点に還る旅

2013-04-28 05:16:00 | 旅とランニング
昨日から日本縦断マラニツクのコース下見で北海道に来ている。やはり、風が冷たい。手袋をしていても、手が冷たくなる。そんな中、サーフインをしている連中を発見..あ、でもコレって小樽の冬の風物詩..?

今回の旅は、札幌から長万部までのコース。途中で歴史を感じさせる物をピツクアツプして大会本部に送るのが私のミツシヨン..本当は函館までの300kmだけど、長いので萩を挟んで2回に分けた。

今回のルートは我が町小樽を通るということで実は6年ぶりに帰省した。そう、今回の旅は私にとって原点に還る旅..0歳から12歳まで過ごした家に帰り、父に昔話をせがんだ部屋で寝た。部屋の天井は40年前と変わらない。家具の配置は変わったけど、夢に時々出てくる小樽の実家そのものだった..

実は今回、帰省して現実を見るのが、ちよつぴり怖かった。でも、82歳になる健在とは言えないが生きている両親の姿を見て安心した。

小樽湾を望む石ころだらけの浜..夏になると親に連れられて泳ぎに来た浜..今、私は私の原点、出発点に立っている..
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生は旅である・・・

2013-04-27 06:14:41 | 旅とランニング
 先週末から私のライフワークは「旅」につつまれている・・・

 仲間と京都から比叡山を越え近江八幡へ。帰ってきて熊本出張へ。そして帰ってきて北海道へ道南調査マラニック第一弾~!

 今日、久々に・・・6年ぶりに実家に帰る。たった一泊だけど(笑)

 でも、道南調査マラニックが終わって中日一日置いたら・・・萩250km・・・

 
 旅に出ていると気持ちが安定する。なぜか?物事を客観的に見れるから?

 さあ、この4日間、どんな風景に出会えるのだろう・・・(注)北海道出身でありながら、地元小樽以外はよく知らない??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローフードのススメ

2013-04-26 06:35:22 | フィットネス
この数日、遠征やら出張やらで、何かと外食続き..なんだかカラダの調子がよろしくない。今朝の新聞広告で酵素の製品が紹介されていた。その記事を読んで、ああ、自分は知らないうちにローフード・ダイエツトをしていたんだなあ~なんて気付かされた。

ローフードとは、火を使わない、生の物を食べる、野菜中心で肉より魚という食事ですが、何がいいかというと、人のカラダに必要な酵素がバツチリ補えるからです。

酵素は加齢とともに不足します。だから、酵素の多い物を食べるということは、それだけでアンチエイジングに大きく一歩踏み出している事になります。

世に日本人のミスユニバースを送り出したイネス氏の本にこんな事が書かれていた。

森理世がミスユニバースの会見で記者団のダイエツトはしてますか?という質問にこう答えた。ダイエツトはしていません。なぜなら、正しい食事とエクササイズで充分だから..と。

いかに食べ物が重要であるか、いかに普段の私達の食が乱れているか、実証するコメントだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加