へんないきもの日記

職業「陸上自衛官」から「自由人」へ。最終的に「旅人ライター」を目指す「へんないきもの」のフリーランスな日々・・・!

日本縦断、茶内から根室、完全無垢なる時間...

2017-06-16 21:13:30 | 旅とランニング






 宿の方のお見送りでスタート🎵



 本当は、隣り町のレストランを通じて泊まる予定が、増築されたので今回の宿に。

 そこのレストランの方は、私たちが来るのを待っていてくれました。コーヒーを頂く。お代を払おうとすると、ここは給水所ですから。と。

 本格的なイタリアンとフレンチのお店🎵昨日の花咲カニも良かったけど、個人的にはワインに合う美味しい料理、というコトで、こちらに泊まりたかったな。(^ー^)



 ここへんのウシは、ベーべ、と呼ぶと集まって来る。
先程までアタマの上にカラスが乗っていました(笑)



 3000km地点通過🎵



 ん?道を行くキツネ?



 なんと、後からついてきた。(^_^)しばし、並走~



 久々の晴れてる太平洋🎵



 フキも、コレだけで自生していると食べる気にならない?(^_^)







 久々に見た、開拓時代の史跡🎵



 ムネオハウスが近い?

 根室は、やっぱり霧の町...

 ところで、先週、幕別の町で自転車で我々を応援してくれた女性がいた。40代くらい?彼女は、北海道が好きで、わざわざ移住してきたのだ。

 なぜ、北海道、しかも、何も無い幕別に?

 理由は聞きそびれたが、今日、何となく、その理由がわかった。

 国道から一つ入った途端にクルマはほとんど通らなくなる。前の人も後ろの人もいない。私だけ。

 そう、空と大地と私だけ...完全無垢なる時間💖

 実は、コレを日本のどこかで実現しようと思っても無理なのである。

 例えば、壮大な鳥取砂丘ですら、観光客で賑わってしまう。

 更には、東京のど真ん中、いや、他の地方都市だって電車が来る度に過剰な放送が流れ、もう少し、静かにしてくれ❗と思う。

 いっさいの物音の無い空間、いや、物音があるとすれば、それは自然の音、鳥たちのさえずりや木々の揺れる音...

 大自然とフツーに向き合える空間、それは北海道でしか味わえない贅沢なのであった。

 ひょっとしたら、幕別に暮らす理由を彼女は、こう答えたかもしれない。

 何も無いから...

 何も無い贅沢...

 なにかと騒々しい現代社会においては、皮肉なコトに、何も無いコトが、贅沢なコトなのかもしれない。

 さて、明日はいよいよ最終日、ゴールの納沙布岬でこの旅も終わりデス。(^_^)

#welovegoo
#日本縦断
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本縦断、釧路から茶内、日... | トップ | 日本縦断、根室から納沙布岬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。