へんないきもの日記

職業「陸上自衛官」から「自由人」へ。最終的に「旅人ライター」を目指す「へんないきもの」のフリーランスな日々・・・!

閑話休題 ~ 稚内ナイト

2016-10-01 07:44:43 | 旅とランニング
 ちょうど夢と夢とのはざまにいた・・・どこかで電話が鳴っている。しばらく止む様子もない。やがて、それは私に向けて発信された電話であると認識し、おもむろに受話器を取り上げると、電話の主が言った。「お連れ様がフロントでお待ちです。」

 ・・・?

 ゴールして、まず、記念写真よりも先にトイレに駆け込み、撮影後は、どこかに腰を下ろしてゆっくりビールでも飲みたい気分だった。最終ランナーの私が来るまで何人かは、向かいの土産物屋で飲んでいたらしく、懇意になった女性店員が「最終ランナーは女性、って聞いてたけど、あなただったんだね。」と言われた。どうせなら、2階で寝てもいい、って言ってくれてるし、ここで飲食していきたい、と思ったが、みな、とりあえず稚内駅へ行くことになった。この日帰る1名以外は、みな、駅周辺のホテルに宿泊、うち主催者を含む3名は私と同じホテルだった。

 丸二日、お風呂に入っていなかったので、風呂も優先順位が高いが、まず、何か口に入れないとぶっ倒れそうだった。

 駅構内の飲食店で定食と生ビールを注文する。何十時間ぶり?いや、4日ぶりの「まともな」食事・・・

 その後、ホテルに行くが、チェックインまで1時間以上あったのでロビーの椅子に3人で腰掛けて、そのうち眠ってしまった。見かねたのか、まだチェックイン30分以上前だというのに部屋に入れてもらえた。

 あまり期待していない時に期待以上のサービスがあると本当にうれしい。(その逆は悲しいが・・・)

 最上階の露天風呂は、こじんまりとして風情があった。(そして、何より、朝食が最高だった。メロン食べ放題、海鮮食べ放題・・・私は2杯目のご飯にイクラをありったけ乗せて食べた。朝食は1500円するから・・・と1500円をケチっている場合ではない。)

 そしてさらに風呂上がりの札幌クラシックを飲んで、スマホをいじっているうちに眠ってしまったらしい・・・

 ロビーには、1年ぶりに再会するなっきーと、そして主催者、うさぎさんチームのSさん、かめさんチームのMさん、Nさんがいた。せっかく仲介役として紹介するはずが、私の寝坊で妙な間が空いてしまった。

 ホテルのすぐそばになっきーの行きつけの店がある、というのでそこに行くことにした。というより、予約しておいてもらった。(にもかかわらず、寝坊してしまった私のせいで10分遅れての開始となった。)

 ホッケにあぶらがのっているのは当たり前、カレイもあぶらがのって美味しかった。思わず、「んっめえ~」とうなる。

 話は次第に4日間の旅の思い出話になっていく・・・やはり、こういう展開のためにも、途中でやめるワケにはいかなかったんだナ。それにしても、みんな、私が制限時間に間に合うと思っていなかった?らしい。主催者も含め。でも、間に合った。

 それは、私が算数が苦手で十分な計算が出来ないことによるものである。(笑)計算できてたら、「あ、間に合わない」ってすぐ諦めてたと思います。計算できないからこそ、間に合うかも・・・ってかすかな期待を抱き、それに向かって進んで行けるのでしょうね。たぶん。

 なんだか、気分が良くなってきた。また来年も参加しよ。あれ?もう二度と参加しない、って言ってたじゃないですか??(笑)

 店を出ると向かいにラーメン屋があった。「ここのチャーメン、美味しんです。」と、なっきーが言う。「じゃあ」ということで中に入る。

 2人で1つのチャーメンを注文した。

 チャーメン、って耳慣れないかもしれないけど、長崎のかた焼きそばのようなもので、炒めた麺に野菜のあんかけをからませたもの。チャーとは「炒(チャー)」でチャーハンのチャー、文字通り、炒めた麺・・・なのであります。

 これが、なかなか優しい味で、ほっこりきました。

 旅は、いい。特に、旅先に知り合いがいると、なお、いい。

 ありがとう、なっきー。また来年・・・ひょっとしたら、トランスエゾかオロロン・チャレンジに現れるかも?(もともとトライアスロンやってた彼女なんで、近い将来、何処かのステージで参戦する可能性も。そうなったら嬉しいな。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オロロン・チャレンジ ④ 天塩... | トップ | オロロン・チャレンジ ~ エ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅とランニング」カテゴリの最新記事