へんないきもの日記

北は北海道、南は沖縄まで・・・フーテンの寅次郎よろしく「へんないきもの」がお届けするフィットネス「命」のパワフルライフ!

自費出版の印税って、どれくらい?

2017-04-18 10:27:35 | 


 そもそも、自費出版に印税はあるのか?

 ご承知の方も多いと思うが、出版には商業出版と自費出版があって、本を出しませんか?と出版社側から歩み寄ってくる前者に対し、歩み寄っては来るが、アンタが金出すなら、本にしてやってもいいぜ❗というのが後者の自費出版...

 最近は、この中間的な形態や、電子出版なるモノも現れ、誰でもカンタンに本の出せる時代になった。

 かく言う私もその一人、一年前に陸上自衛隊を退職し、いきなり、本を書き始めた。

 そういうと、ずいぶん前から構想を温めて来たのでしよょう?と言われるが、決してそうではない。ある日、降って湧いたように...書き始めた。

 折しも、そこへ、あなたの原稿を本にします❗出版相談会、的な広告が目に止まり、本を出す運びとなった。

 もう一度言おう。本は誰でも出せます。お金を出せば._.(^_^)

 出版社側が全額負担、という形態になるには、まず、無名の素人では歯が立たない。だから、こうして私のように、多少、お金を積んででも本にしたい‼という人が後を絶たない。

 まがりなりにも、この出版社、全国の書店に置いてくれる。大抵は隅っこの、目立たない場所だけど、書店によっては、堂々と目立つ場所に置いてくれる。

 私の本も、レジの真ん前に、20冊くらい平積みされた。(^ー^)❤

 ちなみに、1000部で200万円...もちろん、この200万円は私が支払った。

 今まで、出版業界について無知だった私も、いざ、自分の身に降りかかるとなって、調べてみたところ、印税の計算式みたいなものがあって、これに当てはめると、どうやら12万円くらい。

 フツーに考えて、200万円払って、それだけ?と思われるかもしれない。ま、しょせん、自費なのだから、貰えるだけでも有りがたい、そう思っていた。

 先日、出版社から、印税の支払い額に関する通知をいただいた。アゴが外れそうになった。

 1万9000円?

 通常、10パーセントと言われる業界の常識を遥かに下回る、2パーセント?ほぼ、無いに等しい。

 ここの出版社、創業20年だから、同様の目にあった人は数知れないと思うのだが、自ら明るみに出すと、本人のセルフイメージダウンにつながるからなのか、なかなか皆さん、ホンネを明らかにしない。

 私は、別に人様から何と思われてもよい。ただ、世の中には私のように、本を出したい、そう思っている人は数知れないし、実際に私の回りにもいる。相談も受ける。

 では、無名の新人が本を出すにはどうすればいいのか?

 王道は、特に小説の世界ならなおのこと、新人賞に応募する、のである。これには時間もかかる。

 あとは、ちまたの教室で先生にご指導いただく。努力が実り、才能が認められれば、出版社を紹介して貰えるかもしれない。

 邪道だが、近道は...編集者にダイレクトにあたる、我が国には、出版社が何千とあるのだ。数打てば、いずれかが当たるかもしれない。

 私は、別にここで某社を糾弾するつもりは無い。が、あまりに知らなすぎるがゆえに、思わぬ出費を喰らった、ってコトにならないよう、情報提供した次第である。

 仮に私がお教室で学んだら、きっと、先生の毒舌にめげて、筆を絶っていたかもしれない。そういう意味では、実にのびのびと書かせていただいた。

 さて、2作目は...

 まさに、今からその2作目の取材旅行?に行くところである。2ヵ月間の走り旅に...(^ー^)❤
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出発前、荷物の最終チェック❗ | トップ | 沖縄に集結❗ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。