へんないきもの日記

職業「陸上自衛官」から「自由人」へ。最終的に「旅人ライター」を目指す「へんないきもの」のフリーランスな日々・・・!

私にとっての日本縦断

2017-06-20 13:33:41 | 旅とランニング


 日本縦断とは私にとって何だったのか?



 昨日、北海道から帰ると私の住む町では山笠の準備が行われていた🎵



 そして、本拠地、博多駅前も❗



 まだ1ヶ月近くも先の話だが、福岡の男衆は、そわそわして仕事が手につかないだろう(笑)

 そして、山笠が終わると本格的な夏が始まる🎵

 沖縄から北海道の旅で季節が夏から冬へと推移していた私だが、今、現実の季節は確実に夏へと向かっているのだ❗



 走り旅が終わっても甘いモノを食べるクセは取れず...(^_^)

 昨日、体重を量ったら、最終的に5km痩せていた‼

 朝からご飯を3ばいお代わりして、毎晩ビールを飲んで、途中で甘いモノを食べても、それ以上に消費するカロリーは大きかった‼

 ベルトの穴が2つ、後ろに進んだ(笑)

 今、現実の社会に直面して戸惑う私がいる。

 正直、早くフツーの生活に戻りたい、そう思った時期もあった。けれど、いざ、フツーの生活に戻ってみると...何だか物足りない。悪く言うと、すべてが虚偽に満ちていて胡散臭く、再びあの何も無い北海道の大地に帰りたくなる自分がいる。

 毎朝、4時過ぎに起きて食事をし、6時にスタートしたら、日によっては半日は動き続けている、そして宿に着いて洗濯、入浴、食事、ミーティング、そして就寝...

 毎日、ただそれだけの日々...

 でも、確かに自分の居場所がそこにはあった。

 よく、聞かれる質問で、走っている間、何を考えているの?と言われるけど...

 特に北海道に入ってからは、道もまっすぐでそれが延々と続くものだから、我が人生について考えましたヨ
、これからどうやって生きていこうか?ってね。

 もう、今さら9時-5時の仕事なんて無理だな。時間にとらわれない仕事、そう考えたら、やっぱり自分で仕事を作り出すしかない。

 今回の仲間の中には、旅が終われば、また次の旅に出る、そんな人もいる。

 ブロック参加した女性の大先輩のTさんは、今、サンチャゴ巡礼の道を歩いている🎵

 いずれにせよ、資金の調達を何処かでしないといけない。それをするのが、この現実社会なのだ。



 思わず、この本に答えを求めてしまう🎵

 冒険に出て、帰って来ては本を書き、そして再び冒険に出る💖

 なんとも羨ましい限りだ。

 私のやっているコトは、冒険と言えるモノではないけど、こうして旅をしながら文章にして、そしてまた次の旅に出る...そんなライフスタイルが自分には合っているような気がする。

 そのためには、家とクルマは持たない方がいい。この世には余分なモノが多すぎる。

 でも、即座にそれが出来ないでいるのは、余りに九州に、福岡に私自身が根付いてしまったから(^_^)

 次回、日本縦断パート3、つまり、3年後には走り旅を契機に職業・旅人...そんな私がいるかもしれない。

 日本縦断とは、私にとって何だったのか?
 
 それは自身の生き方を模索する旅だったのかもしれません。

#welovegoo
#日本縦断
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰って来てしまいました(笑) | トップ | 日本縦断総集編、ゆっくりだ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (片津)
2017-06-21 08:55:44
新潟の2人の完走を祝して24日にお祝いします。
参加しませんか。
地元のランナー12人で祝います。ぜひご参加を。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅とランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。