へんないきもの日記

職業「陸上自衛官」から「自由人」へ。最終的に「旅人ライター」を目指す「へんないきもの」のフリーランスな日々・・・!

新米インストラクター日記🎵

2017-11-16 08:32:00 | フィットネス
 昨日は毎週水曜日夜の八幡東教室でした。

 この日も、84歳になられるお母様が親子で参加🎵

 セルフコンディショニングが終わり、ズンバ・ゴールドの合間の休憩時間に私の前にお母様が立たれた。

 スッと伸びた姿勢から、背丈の高さを感じたが、ステージに腰掛けて靴紐を結んでいると、彼女の目線は、私の目線とほぼ同じ位置にあった。


 「先生...🎵」

 と、突然目の前に現れた彼女が何を言い出すのかと思ったら...

 受けてきた健康診断の結果報告だった。

 ナント、全く異常無し。血圧その他は正常値だし、臓器系も問題無し。歯は28本が自分の歯🎵

 長期間走って、ロクに歯を磨く時間が取れず、歯がガタガタな私からすれば、それだけで「師匠」のような存在である🎵

 いや、私が社協か福祉関係の仕事に携わっていたら、ぜひ、彼女を講師としてお迎えしたい。世の中、あまりにも年齢を理由にチャレンジを諦めてしまう人が多いから(^_^)

 そんな彼女は、最近、ランニングを始めた🎵こりゃもう、高齢者のかがみ、というより、全ての人のかがみである(^ー^)❤

 こうして、時にこちらが学ばせていただくコトが多々ある。

 その時、現役時代、女性自衛官の教育に携わっていた時のコトを思い出した。

 埼玉県朝霞市にある女性自衛官教育隊で5年間、教育に携わっていた。

 教育、とは教え育てると書くが、そこで学んだのは共に育つ🎵というコトだった。

 教え育てていたつもりが、実際は彼女たちから様々なコトを学んでいた。だから、教育とは共に育つコト🎵

 まさしく、いまこの現状が共に育つ場だ(^_^)

 もう一つ、蛇足ながらに「きょう」に関して言えば、競争、ではなく共走である🎵というコトを100km以上の距離を走るランニング大会で思い知らされた(^_^)


#welovegoo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加