とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

2本立て:1)アメリカが47カ国の選挙に干渉  CNN 2017年07月16日18時25分 2)岸信介とCIAの密接な関係  アエラ

2017年07月18日 11時24分21秒 | 地理・歴史・外国(時事問題も含む)

(あるtwitter)

日本もしっかり入ってますね。自民党は総額でいくら貰ったんだろう? アメリカが47カ国の選挙に干渉

 

アメリカが47カ国の選挙に干渉

CNN  2017年07月16日18時25分

CNNが、アメリカ政府は1946年から2000年の間に、47カ国で行われた81の選挙に干渉したと伝えました。

CNNは、番組の中で、アメリカのメディアは昔から、アメリカの選挙におけるロシアの影響について調査しているとして、アメリカが世界各国の選挙にまったく干渉していないのだろうかという疑問が出ることはほとんどないとしました。

カーネギーメロン大学・政治戦略研究所の研究員は、CNNのインタビューで、アメリカの他国の選挙に対する干渉を社会学の観点から調査しているとして、アメリカは1946年から2000年までの間、47カ国の81の選挙に干渉したとしました。

この研究員は、1948年のイタリアの選挙に対するアメリカの干渉を例に挙げ、「アメリカは、選挙で共産党が勝利することを恐れていた、このため、全力で共産党の勝利を妨害した」としました。

また、数十年間にわたり、アメリカがチリ、アルゼンチン、日本、西ドイツ、ブラジル、インドネシア、レバノン、マレーシア、イランの選挙に干渉してきたことに触れ、アメリカはたいてい、自国に同調する候補や政党を支援してきたとしました。

さらに、このうち、3分の2は秘密裏に、3分の1は公然と行われたとしました。

・・・・・・・・・・・ 

(あるtwitter)

純粋日本人がCIAから金を貰って政治をやってたんだ。二重国籍を問題にすることの愚かしさよ。 / “岸信介とCIAの密接な関係 自民党にも金の流れ?

 

岸信介とCIAの密接な関係 自民党にも金の流れ?

 
<iframe id="I0_1500341339515" style="height: 20px; width: 90px; position: static; left: 0px; margin: 0px; top: 0px; visibility: visible;" title="G+" name="I0_1500341339515" src="https://apis.google.com/u/0/se/0/_/+1/fastbutton?usegapi=1&width=250&annotation=bubble&size=medium&hl=ja&origin=https%3A%2F%2Fdot.asahi.com&url=https%3A%2F%2Fdot.asahi.com%2Fwa%2F2013051700001.html&gsrc=3p&jsh=m%3B%2F_%2Fscs%2Fapps-static%2F_%2Fjs%2Fk%3Doz.gapi.ja.gNbfjhEIVqA.O%2Fm%3D__features__%2Fam%3DAQ%2Frt%3Dj%2Fd%3D1%2Frs%3DAGLTcCN8mDwAtCzZrmWihhLSoTD_sUFV1A#_methods=onPlusOne%2C_ready%2C_close%2C_open%2C_resizeMe%2C_renderstart%2Concircled%2Cdrefresh%2Cerefresh%2Conload&id=I0_1500341339515&parent=https%3A%2F%2Fdot.asahi.com&pfname=&rpctoken=50086253" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="100%" data-gapiattached="true"></iframe>
AERA
   更新 2013/5/17 07:00
  米国の戦後アジア政策は、米国の権益を守ってくれる、その国の「ストロングマン」を探し出すことから始まる。巣鴨プリズンを釈放された岸信介(後に首相)は、「強い男」として米国保守派に見いだされ、CIAの庇護を受け続けていた。

 実態を垣間見ることのできる「聖地」がワシントン郊外にある。米国国立公文書館別館。米軍諜報組織や米中央情報局(CIA)の機密解除書類を手に取って読むことができる。「岸信介」ファイルの閲覧を請求すると、30分ほどでひとつの箱が出てきた。そこには一体何が入っているのか。しかし、その中身は意外に拍子抜けのするものだった。

 書類の束は薄く、CIAが作成した資料はわずか5枚しかなかった。しかも岸の政治的プロフィルの紹介ばかりで、CIAとの深い関連が指摘される人物のファイルとは到底思えないようなものだった。

 しかし、実を言えばこのこと自体が、研究者には意味をもっている。「岸のCIA関係資料はほんの薄いものです。しかし、われわれにしてみれば、逆にそのことが両者の深い関係を疑わせるに十分なものになっているのです」。こう語るのは、一橋大学名誉教授の加藤哲郎だ。

 CIA内部では、各国の諜報エージェントや諜報対象者について暗号名で呼び合う。日本関係には「PO」を頭につける。解明されているものの一部を挙げると、自由党総裁だった緒方竹虎はPOCAPON、読売新聞社社主で原子力委員会委員長などを務めた正力松太郎はPODAM、あるいはPOJACKPOT‐1、などだ。(後略)
 
 

(あるtwitter)

尊敬する祖父がこういう人物であったことを安倍首相はどう考えているんだろう? 「戦犯(容疑者)だった岸氏は50年代半ば、大使館のわれわれによって傘下に収まった。その後(自民)党総裁になり、信頼に足る忠実な協力者となった」(かつて極東担当の国務次官補だったグラハム・パーソンズ氏)pic.twitte

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« twitter 17/07/17  安倍... | トップ | 社会保障費1300億円超削... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地理・歴史・外国(時事問題も含む)」カテゴリの最新記事