とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

自民党現役衆議院議員「薬物逮捕」Xデーの核心!(2)逮捕情報が駆け巡った理由

2017年04月19日 15時33分13秒 | 時事問題(日本)

(アサヒ芸能)Posted on

自民党現役衆議院議員「薬物逮捕」Xデーの核心!(2)逮捕情報が駆け巡った理由

 

 

「仁風林」には芸能人ばかりではなく、元フィギュアスケート選手の高橋大輔氏(31)や、ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏(77)も訪れていた。政界からは、総理に返り咲く前の安倍晋三総理(62)、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗氏(79)、元自民党幹事長の中川秀直氏(73)、民進党の前原誠司衆議院議員(54)などそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

 

 Xもその一人だったのである。社会部記者によれば、

 

「実はAも『仁風林』の喜び組の一人だったのです。Bさんの捜査過程で両者の名前が浮上したのは、それが理由です。Aは六本木の『H』という超高級クラブの美人ホステスでした」

 

 一方でXについて、

 

「3日と切らすことができない、重度の薬物依存」

 

 との情報を得たマトリは、ASKA事件から約3年にわたり入念な捜査を続けたという。あるフリージャーナリストが明かす。

 

「Xの後援会長が、東京に自分名義のマンションを所有していました。Aはそこを自由に使うことを許されていて、BとともにそのマンションでシャブSEXにふけっていたことが明らかになったようです。今年2月、まずは愛人Aを逮捕したのです」

 

 昨年2月の清原和博(49)逮捕のケースでも明らかだが、本来、薬物事件は犯人が逃れようのない「現行犯逮捕」が基本である。愛人から先に逮捕したことで、本人が警戒したり、薬物を抜いてしまうおそれがあるからだ。

 

「09年の酒井法子(46)の時は、酒井が逃亡しましたが立件できました。相手は現職の議員ですから、慎重の上にも慎重を期して捜査した結果、Aからとなったようです。今回は、酒井と同じパターンではないでしょうか」(前出・ジャーナリスト)

 

 こうして「X逮捕情報」が永田町を駆け巡ったのは、前述のとおり。一度は沈静化したが、「3月27日」に再度「逮捕情報」が駆け巡った理由を、政治部記者が語る。

 

「その前日に菅官房長官が、Xの要職を解くことを決めたという話が聞こえてきました。Xが政治的なミスをしたということがなかったので、官邸が独自に情報を入手し、準備に入ったのでは、となったのです」

 

 問題の「Xデー」だが、6月の通常国会閉会後という説が根強くある。現在、森友学園の問題が炎上しており、これ以上の自民党スキャンダルは政権を揺るがしかねないからだ。

 

 しかし、ある政界関係者はこう解説する。

 

「森友問題は総理に関係しているが、シャブ議員の一件は関係していない。そこで、あえて会期中に逮捕させて森友問題を鎮火させることは考えられる。自民党のリスク管理の中心人物は、Xの辞任を決めたとされる菅官房長官。あの人なら十分ありえます」

 

 はたして奇策を打ってくるか──。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮がミサイル発射しても... | トップ | 「朝鮮半島へ北上」の米空母... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。