とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

辺野古、きょう護岸着工 新たな局面に 石材、海中投下へ (琉球新聞)

2017年04月24日 08時44分49秒 | 時事問題(日本)

アメリカ内部では辺野古では滑走路が不十分なので別の場所を探せと意見がでているというのに。

(参照)辺野古の滑走路「短すぎ」、米監査院が指摘 県内代替地を要求

2017年4月12日05時00分

 

琉球新聞

 

辺野古、きょう護岸着工 新たな局面に 石材、海中投下へ

 

政府は24日、米軍普天間飛行場の移設先とする名護市辺野古の新基地建設で、埋め立て本体工事の第一段階となる護岸工事に着手する。沖縄防衛局は先週末で汚濁防止膜の設置など必要な事前作業を終えており、23日投開票のうるま市長選挙も終えたことから、工事に踏み切ることにした。天候などの条件で延期する可能性もある。(後略)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陸自戦車が市街地パレード、... | トップ | 小出裕章 フクシマ6年目の現... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事問題(日本)」カテゴリの最新記事