とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

チーズ関税ゼロ枠を2万トンに、日欧EPA 大枠合意内容判明 (動画)TBS系(JNN) 7/6(木) 15:45配信

2017年07月06日 23時18分31秒 | 地理・歴史・外国(時事問題も含む)

チーズ関税ゼロ枠を2万トンに、日欧EPA 大枠合意内容判明  (動画)

TBS系(JNN) 7/6(木) 15:45配信

 日本とEU=ヨーロッパ連合の経済連携協定について、大枠合意の内容がわかりました。EU産のソフトチーズについて、段階的に関税をゼロとする枠を当初はおよそ2万トンとすることなどで決着しました。

 岸田外務大臣は5日夜、日本とEUの経済連携協定について、大枠で合意したと表明しました。

 「閣僚間で大枠合意の達成を確認することができました」(岸田文雄外相)

 最大の焦点だったカマンベールやモッツァレラなどのEU産のソフトチーズについて、15年かけて関税をゼロにする輸入枠を設けます。ソフトチーズの輸入枠は、JNNの取材で、当初は現在の輸入量とほぼ同じ、およそ2万トンから始め、最終的にはおよそ3万トンまで増やすことが明らかになりました。また、チェダーチーズなどのハードチーズは、輸入枠を設けずに15年かけて関税を撤廃します。チーズについては、関税撤廃まで一定の期間を設けたものの、EU側の要求をほぼ受け入れた格好です。

 また、ワインの関税は即時に撤廃し、パスタやチョコレートは10年かけて関税をゼロにします。

 日本とEUは6日夜の首脳会談を経て、大枠合意について正式に発表します。(06日14:04)

最終更新:7/6(木) 21:58

TBS News i

 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上皇の京都滞在「全力で準備... | トップ | 官房長官 記者会見 2017年7月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地理・歴史・外国(時事問題も含む)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。