とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

パン焼きと電波デジタル時計

2016年10月15日 22時57分00秒 | 私のこと(日記)

 野暮用をかかえていてかなり気ぜわしいのだが、食料が少なくなり冷凍庫がさびしくなってきた。

 

 そこで、いつもの『ビゴのパン』からpain complet (パン コンプレ=全粒粉パン)を焼く。

 ところが冷蔵庫を開けても全粒粉がない  

 

  仕方なく「小麦胚芽」を使う。

  まあまあ、これでいい。月末の金欠のところパンがなくなって焼いたのだから、貴重な食料。

  これはフランスパン用の小麦粉375gとパン・トラデショナルといういわゆるフランスパン用の発酵生地175gで20個しか焼けないのでかなり忙しく焼き続けないと無くなってしまうパン。それで一次発酵した生地を冷凍にしておいている。

これでずいぶん楽になった。

 

         

 

      考えてみたら『ビゴのパン』の本が届いたのが2015年11月14日。初めてパンを手でこねて作ったのが確か3日後だったかしらね。それからほとんどパンを買っていない。自分で焼いている。中身のしっかりしたパンの小麦粉の味を楽しむことを覚えたら、外で買ったパンはふくらんでいるけれど、口にいれるとぺしょっとなって小麦粉の量が少なくって食べたくなくなる。

   そして、そして今日は念願の電波デジタル時計を何年ぶりかで新しくした日。デジタル時計は古くなって見にくくてしょうがなかった。

   同じメーカーのものだが技術の進歩か、今度は文字が鮮明に見える。

 便利になってわくわくする。

 

     

 

特にベッドの脇には欲しかった    今年からカレンダーは手帖のものだけにする。カレンダーもう貼らない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「戦争の残虐性どこまで伝え... | トップ | イエメンの葬儀空爆、サウジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。