036の趣味無法地帯・改

私036の趣味全般をマッタリと語っていくブログ …ですが『クイズマジックアカデミー』のボケ戦記事がメインになるかも?

今回の日記(2017/3/7)

2017-03-08 00:47:00 | QMA
昨日は仕事ながらもどうにか行ける程度の時間にあがれたので、一度帰宅して夕食後、QMAのボケラー全国大戦サークル定例会に参加の為、遊道楽嘉瀬店へ。


定例会は、今回も全ての回に参加し、全てフルゲでプレイ出来ました。マッチした方々は以下のとおり(対戦順)。















以上、皆様方お疲れさまでした!(*≧∀≦*)ノ


今回はわりとマッチングが分かれ、多くの方々との対戦となりました。意外とこういうマッチングになるのは少ないんですよね…

『すなっくあぜみち@マラリヤ』氏の今回のレゲーネタ挨拶コメントは、スーパーファミコンで発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』で間違いないでしょう。ただ、私がプレイしたゼルダシリーズは、初代と『リンクの冒険』『夢をみる島』『時のオカリナ』を『途中まで』やった程度なので、殆ど知識がありません。あまり私が好きな世界観じゃないので、なんかどれもイマイチハマれなかったんですよね。基本的に、鋼鉄とか油と硝煙の臭いが漂うような世界観が好きな偏った人なのでw

今回印象的だった解答は、二千円札の表側に描かれている沖縄県の建築物『◯◯門』を答える問題で『こうてつジーグ@サンダース』氏が『ぐれーたーでー(門)』と答えられていた事でしょうかw

『グレーターデーモン』とは、RPG『ウィザードリィ』シリーズに登場するモンスターの事で、本来はかなり強力なモンスターなのですが、魔法を封じ込め、ある程度のアーマークラス(防御力)があれば、殆どなにも出来ない状態になるうえに、仲間を呼ぶ性質がある事から、生かさず殺さずで何匹か残してわざと仲間を呼ばせる事により、経験値稼ぎのカモと化してしまう可哀想な存在ですw 正直、グレーターデーモンより『Lv3ニンジャ』ラッシュのほうが、ずっとキツかった覚えがあるなぁ…


ボケ戦終了後は暫くグリバスや検定。今回のプレイにより、全てのカードを賢者以上に昇格させたので、これで次回作は稼働直後からタイピングが使えます。次回作では対人戦をやるつもりがないので、☆上げをタイピングのみに絞れるのは楽です。ただ『ガチカ』という概念がなくなる為、現在のガチカ『ヘスラー@マラリヤ』をどういったポジションにするべきか迷い中。マラリヤファンクラブサークル専用カードにしようかなぁ…



【おまけ】



久々にシューティングゲーム検定で引いた個人的萌え問をご紹介。今回は一問のみ。







こりゃまた、マイナーどころばかりセレクトしてきたなぁ…w 『コブラコマンド』はデータイースト発売の横スクロールSTG。アーケード版とファミコン版がありますが、私は両方とも未プレイ。ただ、昔のゲーム誌にあった同ゲームの広告がミリヲタ的にグッときたので、それで覚えてましたw

『ツインイーグル』は、セタ発売の縦スクロールSTG。内容的にはオーソドックスですが、ジオラマ取り込みの妙にリアルなグラフィックと、BGMが当時としては珍しいボーカル入りで、そっちの方の印象が強いです。実はこのゲーム、地元には入荷しなかったのですが、学生時代の修学旅行の際、移動でフェリーに乗った時にゲームコーナーにあったのを見つけてやりました。また、昔ゲーメストから発売されていた脱衣麻雀ゲーム『スーパーリアル麻雀』の攻略(?)ビデオに同時収録されていたので、そういう意味では有名かもしれませんw

『ゼロガンナー』は彩京発売の横画面縦スクロールのハーフトップビュー視点(タイトーの『レイストーム』のような視点)のSTG。ヘリコプターらしく敵の後ろに回り込んだりといった、画面を縦横無尽に動きまくるプレイが楽しいのですがいかんぜん難易度が高く、せっかくのシステムがイマイチ活かされてない惜しい作品といった印象でした。続編『ゼロガンナー2』では通常のトップビュー視点になり、システムはより洗練されたものの、やはり難易度が高く、緊急回避のボムも廃止になった為、かえってキツくなった感も。あと、ゲーメストの投稿ネタで、語感が似ている為か『エロ旦那』というイラストネタ投稿がされていたのが個人的にはゲーム以上に印象に残ってますw(←
ジャンル:
アーケード
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月6日(月)のつぶやき | トップ | 3月7日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

QMA」カテゴリの最新記事